リクエストQJナビ re-quest/QJnavi

千葉県

いい男、いい女になり人生を輝かせよう。それを叶える環境は、会社が用意する。

株式会社オレンジポップ 代表取締役社長
千濱 格卓

VIDAL SASSOON Postgraduate


コロナで世の中が変わった進化しなければ化石になる

千葉・東京エリアで14店舗を展開し、スタッフ120名が活躍している美容グループ「オレンジポップ」。「日本一待遇の良いサロンをつくる」「スタッフの衣食住を高める」というビジョンは、このコロナ禍でも全く揺らぐことはない。

しかしながら、コロナをきっかけに世の中が大きく変化した。コロナが終息しても、元通りにはならないだろう。テレワークが浸透して外出が減り、街は静かになった。エタノールで手を消毒するのが当たり前になった今、ヘアサロンの衛生基準も、これから高い水準になると考えられる。日本人の生活様式が変わったのだから、ヘアサロンも、美容師も、進化していかなくてはいけない。

「コロナ前と同じことをしているのは時代遅れどころか、化石あつかい。世の中のルールが変わったことを頭に入れて、変わっていかなくてはならない」。

オレンジポップが工夫してアップグレードしていくためには、一人ひとりが変わる必要がある。

「ボーッと生きていたら置いていかれる危機感がある。1分、1秒を濃密な時間にするために考えて動く。行動した結果を、いろんな角度から振り返る。上司、部下、お客さまの反応から学び、次に生かす。それが進化につながると思う」。

自分をアップグレードするためには、人の話を聴くことが重要だ。相手が誰であれ、何かしらの学びがあるはず、と千濱社長は確信している。

「まずしっかり聴いてみる。聴いたことを試してみる。この人からは学ぶことは何もないと思うのは勘違い。相手に関心を持って心を込めて聴く。相手になりきるくらいの気持ちが必要かもしれない。そこまでしてやっと見えてくるものがあると思う。相手の身になることは、美容師の全ての仕事にも通じる」。

千濱社長は先代社長からの教えを通じてこのことを実感している。今から20年ほど前、強烈なリーダーシップを持つ先代社長の厳しい指導を受けていた。わけもわからないまま、鉄拳制裁を食らうこともあったという。

「今も覚えている先代の言葉は、やるかやらないかではなく『やるか、やるかだろ!』。つまり、やるしかなかった(笑)。美容の知識もないし、手取り足取り教えてくれるわけでもない。相手の身になるどころか、先代社長に憑依するくらいのつもりでやって、ようやく30%くらいわかるという感覚。そのくらいしてようやく自分の力になると思っている」。

 

美容師の限界が35歳?他人が決めた限界なんて無視しろ

美容師35歳限界説という無責任な言葉が日本にはある。一方で、アメリカでは美容師のピークは60歳だという。

「35歳が限界なんて誰が決めた?人間として進化し続けられれば何歳だろうが関係ない。オレンジポップに関わってくれたみんなには、いつまでも輝き続けてほしい」。

オレンジポップが高い給与、休日の取りやすさ、各種保険、手当など、全ての人事制度を日本最高レベルに引き上げようとしているのは、スタッフ一人ひとりの自己実現を本気で応援しているからだ。

 

人・物・心・環境で財産を築き豊かな人生を送ってほしい

「美容師として成功してほしいのはもちろんそうだけど、オレンジポップに関わる人たちにはいい美容師、いい社会人、いい大人、いい男、いい女になってほしい。そして、厚みのある人生を歩んでほしい。人生は一度しかないから、カッコよく生きよう。そのための環境を僕たちがつくる。」

オレンジポップで働く仲間には、財産を築いて、豊かになってほしい。お金の面でも、心の面でも人間関係でも満ち足りた人生を送ってほしいと願っている。

「仕事はもちろんお客さま、仕事仲間、友人、家族や親戚などもみんな財産。自分のプライドも大事にして、本当の意味で、豊かな人生を送ってほしい」。

美容師としての成功だけでなく、ひとり一人の豊かな人生まで考える。それが1982年に創業したオレンジポップが、今も成長し続ける理由だ。

最短1年でデビューできる練習施設と教育プログラム完備。

全国からスタッフが入社しているので安心。

完全週休2日で一人暮らしの場合は手取り17万5000円が可能♪上京も応援しています☆

会社概要

会社名
株式会社オレンジポップ
電話番号
047-300-3236
WEBサイトURL
https://www.orangepop.net/
担当
採用担当
住所
〒272-0115
千葉県市川市豊浜1-2-17
TO-MANAビル5F
思いに共感したら
求人情報もチェック!
お問い合わせ・資料請求もできます