リクエストQJナビ re-quest/QJnavi

岐阜県

お客さまのビューティーライフに寄り添う、人間力のある美容師を目指す。

株式会社サムソン 代表
野村 真董

サンディエゴ州立大学


時代とともに歩みながら築き上げられた50年

国内外に77店舗を展開、2022年に創業50年を迎えるサムソングループは、淘汰が進む美容業界を代表する老舗企業の一つだ。一般的な企業の寿命が20年とも30年ともいわれる中、50年も続いているのには理由がある。

「サムソングループでは20年周期で、大きな成長期を迎えています。最初は創業期に、理容室の技術を美容室に取り入れたユニセックス型のサロンがヒットしたこと。これで一気にFC加盟店が増えました。2度目は約20年前、サロンブランドを確立して、大型店舗とオリジナル技術の展開を始めたとき。そして3度目が、超高齢化社会やコロナ禍という時代の変化の中で、必要とされる美容室のあるべき姿を目指している今です」

時代のニーズを敏感に感じ取り、常に時代に求められるサロンを体現してきた結果が、この50年をつくってきた。

「デザインやカラーが当たり前になった近年は、 “素材美の時代”といえるでしょう。髪という素材がなければ、デザインもカラーも楽しめません。髪の量と質を長く保つために、時間を掛けた素材のケアが必要不可欠なのです」

実際、最近は店舗でもトリートメントやヘッドスパのニーズが高まっている。以前よりカットやカラーといった二次元だった美容業に、時間という概念を加えて三次元にしてきたのがサムソンだった。

 

俯瞰して見られるからこそ美容師の幸せを追求できる

サムソンが業界で注目されるようになったきっかけの一つに、20年前、施術料をデザインとメンテナンスに分けた料金体系でメニューを構成したことがある。

「当時は、業界からは冷たい目で見られましたね(笑)。でも結果的には、そこにたくさんのお客さまがついてきてくださいました」

そんな風に野村が美容業界を俯瞰して見られるのも、異業種から転身してきたという経緯があるからだ。元々化粧品メーカーに勤めていた野村は、理容師だった父親が創業したサムソンに28歳で入社。以来、経営面から会社を支えながら、25年前、36歳で代表に就任した。

「美容師は職人ですので、まずは目の前のお客さまに喜んでいただくのが一番。そんな美容師の夢を叶えるために、先を見て進むべき方向を決めていくのが、経営者の役目だと考えています」

 

技術はあって当たり前人間力が人を惹きつける

これから目指すサロンのスタイルとしてヘア、ネイル、アイなどのトータルビューティーをあげる店は多い。しかし、サムソンのトータルビューティーはこれとは少し異なる。

「私たちが考えるトータルビューティーとは、素材・健康・メンタルの3つの美しさを意味します。美容師は髪をさわれば、お客さまの健康状態がわかります。つまり美容師は、お客さまにとって単に髪を切る人というだけでなく、ライフアドバイザーとして寄り添うことができる仕事。お客さまが美容室に来るのは年6回だとしても、お客さまの日常は365日続きます。残りの359日にどうやってお客さまとつながっていくのかが、これからの時代に求められる美容師の課題でしょう」

当然、顧客から信頼を得るには、美容師自身も磨かれた人でなければならない。

「歌が上手いだけでは歌手として成功できないように、カットが上手いだけでは美容師として本当の意味で売れることはできません。美容師にとって技術があるのは当たり前。人気のある美容師は、それと同じくらい人間力でも、お客さまを惹きつけているはずです」

そのためサムソングループでは、以前より、技術の向上と同時に、人間形成力、自己啓発力といった人間教育のプログラムにも力を入れてきた。

「特に社会人に成りたての数年は、職業観や人生観を養う上で大切な時期。技術以外にも多くのことを学ぶことができるのが、サムソングループの魅力です」

常に先を見てきたからこそ、たどり着けた50年。ここからの新しい展開も、大いに期待ができそうだ。

 

一人ひとりの個性を大切に、成長できる環境。

クリエイティブ・サロンスタイルにも力を入れ、トレンドを発信。

2019年表参道コレクション参加。

会社概要

会社名
株式会社サムソン
電話番号
058-212-0150
WEBサイトURL
https://www.samson-net.co.jp/
担当
藤田京美
住所
〒500-8847
岐阜県岐阜市金宝町1-6
思いに共感したら
求人情報もチェック!
お問い合わせ・資料請求もできます