人気サロンの採用担当者が語る採用のポイント「siki」編

2019.08.06

 

就職を目指す美容学生や転職者に向けて、人気サロンの採用担当者が採用のポイントを語るシリーズ。今回は「siki」の採用を担当する伊藤竜(いとう りゅう)さんに直撃します。

 


 

全身写真や面接を通して全身のバランス感に注目

 

-新卒者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

・全身のバランス感

書類に添付してもらう全身写真や面接を通して、ファッションや髪型、髪色のバランス感を見るようにしています。sikiはナチュラルなテイストのサロンなので、店の雰囲気や一緒に働くスタッフと馴染むような子をなるべく採用しています。

 

・持参してもらった作品

面接にあたっては「どんな方法でもいいので『自分を表現できるもの』を持ってきてください」と伝えていて、持参してもらったものを見て完成度やセンスを審査しています。大抵の子は作品撮りを持参するのですが、なかには絵本を作ってくる珍しい子もいたりして印象には残りますね。

 

-中途の応募者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

・一緒に働きたいと思えるか

「一緒に働きたいと思える相手か」を軸に見ていますが、他店の色に染まった状態で入ってくる中途の場合、店内の空気が壊されかねないという懸念があるので、採用はより慎重になっています。これまでだと書類で不合格になった子の方が多いと思います。

 

中途で入る方って最初はほかのスタッフに気を遣って引っ込み思案な子が多いのですが、そこは憶せず馴染んで、下の子たちを盛り上げてくれるような温度で入ってきてほしいと思います。

 

・前に勤めていたサロンの退社理由

前に勤めていたサロンの退社理由を尋ねたときに前の会社を悪く言う子も多いのですが、前の会社があるから今のその子があるわけですよね。僕たちとしては、前の会社での経験を生かして入社してほしいと思っているので、以前勤めていた会社を本人がどう捉えているかに注目しています。

 

 

場を和ませる受け答えができる子が毎年1人か2人はいる

 

-採用担当者として思わず好印象を抱くポイントについて教えてください。

 

・第一印象が明るくポジティブな子

売れている美容師って「根が明るくポジティブ」という共通点があると思うのですが、そうした要素を持ち合わせていそうな第一印象がいい子は好印象です。なかでも、場を和ませるような受け答えができる子が毎年絶対1人か2人はいるのですが、そういう子は普通にニコニコしている子たちのなかでも目立ちますし、いいなと思います。

 

-採用された方に共通している点はありますか?

 

・控えめな姿勢と積極性を両立している

美容業界ってガツガツしている子も多いと思うのですが、sikiは控えめだけどおしゃれが好き、という子が多いですね。「控えめ」って昔の美容業界だったらあまり評価されないと思うのですが、今はそんなことなくて。控えめなんですが、レッスンにしてもSNSの活用にしても「やらされているのではなく自分でやる」という積極性を身につけています。スタッフやお客さまへのやさしさを人一倍持っているのも特徴だと思います。

 

>言いたいことが一つでも伝われば上手に話せなくてもいい

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング