「誰かのために」という想いが力を倍増させる! 6年連続グループNo.1技術売上airのディレクター兼筋肉美容師、金丸佳右の「ポジティ部」【後編】

2018.11.02

<美容師お悩みQ&Aコーナー>

アシスタント&スタイリストのあるあるお悩み質問に、金丸佳右が答えます!

 

 

  Question 01

ちょっとしたことで疲れやすかったり、体調を崩したりしがちです。フィジカルを鍛えようかと思うのですが、なかなか長続きしません。金丸さんはどうやって継続させていますか?

 

  金丸さんのAnswer

 

せめて変化の兆しが見えるまで頑張って続けよう!

 

ん…?「続かないんですよ」って、なんかおかしい。続けるか続けないは自分で決めることだよ! やり続けなきゃ成果が出るわけないじゃんって話!

 

なかなかカリキュラムが進まないアシスタントが、「上手くならないんです」とか「覚えが悪くて」というのも一緒。スタイリストになってから売れるためには、努力だけでカバーできない部分は確かにあると思う。ブランディングとか、ビジュアル、センスなど技術を磨く以外にも、売れるために必要な要素があるから。

 

だけど、アシスタントのカリキュラムは算数と一緒だから。1+1は必ず2になるし、数字を足せば足すほど増えるよね。カリキュラムも同じで、やればやっただけプラスになって必ず上手くなるはずから。成功するまで続けないと何も見えてこないんだよ。

 

僕は筋トレして、「お、大胸筋が大きくなってきたな」とか、「筋肉痛が気持ちいな」とか毎日のように続ける楽しさを感じている。だから、努力の過程を楽しめない人はかわいそうだと思うね。

 

せめて、続けることで見えてくる「変化の兆し」みたいなものを得られるところまで、たどり着いてほしい。そこまでたどり着けば、もう少し先を見たくなるはずだから!

 

プロフィール
air
ディレクター/金丸 佳右(かねまる けいすけ)

1980年生まれ。神奈川県出身。ハリウッド美容専門学校卒業後、2000年に『air』に入社。数々の女性誌、ヘアカタログで人気のスタイルを紹介。担当したモデルが表紙を務めることもあったことから行列ができるヘアメイク&スタイリストに。airグループトップの売上げを6年間継続中。サロンワークの一線を率いながら、air全体の統括に勤める。美容内外問わず多方面で活躍中。

 

(取材・文/外山武史  撮影/菊池 麻美)

 

  ポジティ部バックナンバーを見る >>

 

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング