ALBUMの超エースNATSUMI、キャリア絶頂期に結婚! 美容師仲間に祝福されたウェディングストーリー

2018.08.31

 

Instagramの動画が50万回再生されるなど、抜群の人気と圧倒的なセンスでALBUMのエースとして活躍しているNATSUMIさん。今年ディレクターに任命され、キャリアが急上昇している最中、美容師のsiki/伊藤竜さんと結婚。公私ともに新生活をスタートしました。

 

愛する美容仲間たちに祝福された結婚ストーリーを振り返りながら、結婚のこと、仕事のこと、女性美容師のキャリアステップについて、ざっくばらんに語っていただきました。これから結婚を控えている女性美容師さん、必見です!

 


 

100%心から尊敬できる人と出会えた

 

夫とはALBUMで出会いました。私がアシスタントのときの先輩だったんです。体育会系でガツガツしている私は、活躍するスタイリストを見ては「いつか必ず超えてみせる!」と燃えるタイプ。でも、夫のことは「一生かけても100%超えられない」と思いましたね。美容への熱量がひしひしと伝わり、スタイリストとして飛躍していく夫を見ていて、いつしかあこがれの存在になっていました。

 

 

話す機会が多くなるにつれ、笑いのツボが似ているし、一緒にいると安心感があって。自然な流れでお付き合いがスタート。付き合ってすぐ同棲をはじめ、一年で結婚しました。「早いね」と周りからは驚かれることもありましたが、知り合ってから6年間、毎日のように一緒にいたので不安はなかったです。

 

美容仲間とつくりあげた夢のウェディング

 

 

最近は、入籍後に式を挙げるのが支流ですが、私たちは結婚式のあとに籍を入れると決めていました。新しい家族へ嫁ぐ前に、26年間お世話になった大好きな両親・親族へ感謝の気持ちを伝えたかったんです。今年の正月に両家顔合わせをし、半年後の結婚式に向けて準備をはじめました。

 

結婚式に対して強いこだわりはなかったのですが、昔からあこがれだったことがひとつあるんです。それは“カンカンの日差しを浴びて、フラワーシャワー”をすること。自然光がたっぷり入る会場を探していたときに、ちょうどブライダル見学を10店舗以上したお客さまが来て、おすすめの会場を紹介していただきました。おかげで1番目に見学した「シェラトン舞浜」で即決!

 

ヘアメイク、ブーケ、受付などのブライダルに関係することは、日ごろお世話になっている仕事仲間やスタッフにお願いしました。

 

夫が務めるサロンのフラワーアレンジメントを担当している「duft」にブーケを依頼

ヘアは、信頼しきっているスタッフALBUMトップスタイリストの衣川さんが担当

撮影はフォトグラファーをしている夫の弟。どの写真もお気に入り!

モノトーンでスタイリッシュな似顔絵がゲストからも好評だったウェルカムボード。

 

美容師同士の結婚ですが、お互いウェディングに強いこだわりがなくって(笑)。女性が夢見るウェディングドレスも試着したのは、たった3着。2次会のドレスは、SNSで見かけて一目ぼれしたドレスショップ“メゾンスズ”さんのドレスに決めていました。

 

即決した披露宴のドレス。美しいレースをあしらった華やかなプリンセスライン。

二次会は憧れのブランド「メゾンスズ」のセンスが光る一着。

 

あとはインスタグラムでウェディング専用のアカウントを用意して、その都度情報収集をしていました。

 

@__r.n_wedding

 

クリエイティブな才能をもつ仲間の力をかりて完成した私たちらしいオリジナルウェディング。家族やスタッフともより深いつながりを感じましたね。

 

 

 

>夫婦ともにお世話になった大先輩から感動のプレゼント

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング