四国でも業務委託という働き方を浸透させたい! littleで叶う自由で有意義な美容師ライフ

2021.11.05

 

業務委託サロンlittleは全国で店舗展開を行っていますが、徳島・愛媛といった四国エリアでも店舗が増え始め、注目されています。仕掛け人となったのは、東京の有名ブランドサロンで10年のキャリアを積み、UターンしてlittleのFCオーナーとなった勘場恭平(かんばきょうへい)さん。美容師以外にも仕事をもち、多様な働き方が実現できる業務委託。地方で働く美容師さんが自分の時間を大切にしながらより豊かになることができる可能性について伺いました。

 


 

自分の時間を有意義に使えるのが業務委託の働き方

 

高校卒業後は東京の大学に通いながら美容学校の通信コースで美容師免許を取りました。僕の実家は徳島県で美容室を経営しているため、「継いでほしい」とは言われていました。なぜ大学に通いながらだったかというと、美容師以外にも自分の中の視野を広げたかったからです。

大学を卒業後、東京の有名サロンに就職し、10年務め、31歳のときに地元の徳島に帰ってきました。父の経営するサロンは教育型のレギュラーサロンで、僕もそこで働くことになりました。

 

東京では、美容師としてあまりに忙しい毎日を送っていて物事をじっくり考える暇もなかったのですが、徳島に帰ってきて、いろいろと考えるようになりました。例えば、視野を広げようと大学にも通ったものの10年間美容師一筋で働いていると、美容のこと以外はよくわからないんです。社会はものすごいスピードで変化しているのに、自分の考え方は変わっていないことに危機感を感じ、美容師以外の力をつけるために自分の時間とお金を投資していろいろと勉強を始めました。

そんな生活の中で気がついたのが「自分の時間を有意義に使いたい」ということでした。美容師は素晴らしい仕事だし、もちろんそれ1本でやっていくのもいいのですが、時間を上手に使えば、他の仕事ややりたいことと両立できる可能性もあるかもしれない。なので、さまざまな志を持つ美容師が自由に働くことを主眼に業務委託サロンを運営するlittleの考え方にはすごく共感しました。

 

四国にも業務委託という働き方を浸透させたい、その理由とは?

 

 

徳島は東京をはじめとした首都圏と比べると業務委託サロンはまだまだ少ないんです。

美容師が独立開業する際によくあるのが、若いときには正社員として美容室で働き、ある程度の年齢になったら自宅を建てる際に自分がオーナーとなる美容室を同じ建物に作るというもの。土地代があまりかからない地方だからこそのやり方です。仕事と住まいが密着していますし、ついてきてくれるお客さまがいるのなら良いことのように思うのですが、僕にはそれが自分で逃げ場をなくしているように見えてしまったんです。というのも、今は自分が働いて売上を上げればいいかもしれませんが、これから先何十年もお客さまが来店し続けてくれるかもわかりませんし、体調を崩したらサロンワークすることも難しくなってしまう。

こうした地方ならではの働き方に一石を投じるのが、業務委託という働き方だと思うんです。それにはまず、徳島を始め四国で働く美容師さんに「こんな自由な働き方もあるんだ」ということを知ってほしい。

徳島のlittle第1店舗目は僕がFCオーナーで、自社と業務提携という形を取っています。

働いているスタッフはもちろん美容師1本でやっている人もいますが、You Tubeの動画を撮っている人やプログラマーとしても働いている人もいます。You Tubeは編集にも時間がかかるので、自由な働き方で時間が確保できることが大事なんですよね。こうして、美容師として働いている以外にも、自分の時間を有意義に使うことで、そちらからも収入を得ることができるだけでなく、将来が変わってくるんじゃないかと考えています。

 

 

>地方だからこそ、自分のお金と時間を大事にできる

 

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング