元ヘアメイクが証言!エリアマネージャーという仕事は、クリエイティブだ!

2018.09.25

 

大阪の美容室で活躍後、ヘアメイクを夢見て単身上京。ヘアメイクアシスタントとして多忙な日々を送る一方で、副業としてフリーランス美容師に。そんなカヤモリさんが最終的に選んだのは、美容師として生きることでした。現在、エリアマネージャーに就いて2年目を迎えるカヤモリさんが、「サロンマネージメントは、ヘアメイク以上にクリエイティブでおもしろい!」と笑顔で語ってくれました。

 


 

業務委託サロンなら、副業で美容師として働ける

 

上京する前は、大阪・梅田の人気サロンに勤めていました。知名度もあるサロンなので、スタイリストデビューしたばかりのころから私も忙しくて、仕事は充実していました。それでもヘアメイクになる夢が捨てきれず、周囲からも引き止められましたが、25歳で上京したんです。上京後は、憧れだったヘアメイクアーティストに縁あって弟子入りすることができました。その後、一流アーティストのヘアメイクスタッフとして音楽ツアーにも同行することが決まったんです。厳しくも華やかなエンターテインメントの世界に携わったという経験は、自分の夢に向かっていく確実な手応えを感じさせてくれました。

 

ところがヘアメイクのアシスタントという仕事は、華やかさとは反面、安定した報酬とは無縁の仕事なんです。しかも、私はあくまでも弟子という立場です。自分の生活を維持していくためには、ヘアメイク以外の仕事で報酬を得なければなりません。そんなとき、仕事関係の人から、業務委託サロンの存在を教えてもらいました。

 

業務委託サロンでは、フリーランスとして、自分の空き時間を使って働くことができます。ヘアメイクの仕事が入っていないとき、単発でサロンワークができますし、勤務時間も調整可能なのが業務委託サロンの魅力。また面貸しサロンとは違って、顧客ゼロでもOKで、忙しいサロンに配属されれば確実に稼げます。大阪から上京したばかりの私には、絶好の環境でした。

 

そしてリトル銀座店に配属され、不定期で銀座サロンに立つことになったのです。

 

銀座店の立ち上げに参加し、サロンワークのおもしろさに開眼!

 

 

副業としてフリーランス美容師になったわけですが、ヘアメイクの仕事がないときは銀座でサロンワークを送る日々。次第にお客さまからの指名も増え、仕事のやりがいも感じていました。

 

社長から「店長をやってみないか」と誘われたのもそんなときです。ヘアメイクの仕事も楽しくやれていたので、どうお返事をすべきか、悩みに悩みましたが、「自分を求めてくれている場所に答えたい!」と決意し、今後はフリーランス美容師をメインにしていくという結論に至りました。

 

私が配属されたのは、銀座に新規オープンする店舗です。オープン前から立ち上げに参加し、ようやくオープンにこぎつけたときは感動しました。それに実際に店長の目線になってみると、これまで見えてこなかった世界が見えてきました。チームとして実績を上げていくために改善を重ね、毎月の結果を出していく…。プレイヤーとはまた違ったやりがいや醍醐味を経験することができました。

 

長期の海外旅行と責任ある仕事の両立で。自分らしい働き方を実現!

 

今、エリアマネージャー就任2年目を迎えました。1年間の店長経験を経た後、エリアマネージャーの必要性を感じて会社に提案し、その結果、銀座2店舗、船橋1店舗の統括マネージャーを務めさせてもらうこととになりました。

 

リトルは日本全国に38店舗を展開しています。それぞれの店舗が離れている分、サロンの統一性を図っていくことが重要だと感じていました。エリアごとに複数の店舗を管理するマネージャーがいることで、完結で的確なコミュニケーションが図れ、各地域に適した戦略が立てられます。それによってリトルのブランド性も高まるはずだと考えました。

 

またそういった新しい視点で考える、ということは、同時にクリエイティブな思考も求められるのです。

 

 

もちろん最初のうちは、店長としての実績が浅い私の意見は、なかなか受け入れてもらえませんでした。そこで全社の売り上げランキングを集計してもらうことになりました。私は毎月ランキング1位だった実績をみてもらうことが一番効果的だと考えたからです。

 

マネージャーという立場ではありますが、オーバーワークになりすぎないよう、休みもしっかりとっています。また夜8時には退店することが日課。英会話を習ったり、自宅で料理したり、自分の時間を持つことを大切にしています。また海外旅行が好きなので、長期休暇がとりやすいリトルの環境はとても気に入っています。ちなみに今年は、ヨーロッパを10日間かけて旅行する予定です。

 

いつかは独立したいという夢を持っていますが、同時に、これから先もリトルと関わっていきたいという気持ちもあります。美容師はハサミさえあれば、どんな場所でも、どんな形でも仕事が続けられる。そんなふうに私に美容師の働き方の多様性を見せてくれたリトルにはとても感謝しています。

 

プロフィール
little × kuruku 銀座2号店
エリアマネージャー 

カヤモリミワさん

大阪のサロンで勤務した後、ヘアメイクになるために上京。ヘアメイク活動の傍ら、little銀座店でフリーランス美容師として働く。その後、little × kuruku 銀座2号店のオープンを機に店長に就任。現在はエリアマネージャーとして活躍している。

 

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング