入社2年でアシスタントから副店長へ! 札幌でキャリアを磨くLIENA松原由依さん

2021.04.25

 

全国に60店舗のヘアサロンを展開するlittle。札幌駅から徒歩1分の場所にある『LIENA』で副店長を勤める松原由依さんはアシスタントでlittleに入社し、その後デビュー。瞬く間に売れっ子スタイリストになった人物。現在は副店長をしながら店長を嘱望されています。松原さんは、どのように売れっ子スタイリストになったのでしょうか。アシスタント時代の努力や、現在の働きがいについて伺いました。

 


 

女性としてのライフプランを考えて正社員を選択

 

 

札幌の美容学校を卒業したあと、レギュラーサロンに就職し、アシスタントの状態でlittleに入社しました。littleは、正社員と業務委託かを選べるハイブリッド型のサロン。実は、入社したての頃は社員と業務委託の違いもよくわかっていなくて。途中で変えることもできるのですが、女性としてのライフプランのことを考えて、アシスタント時代からずっと、正社員として働いています。

当時、私はリトル札幌駅前店の店長の専属アシスタントだったんです。なので、練習もその方に見てもらっていたのですが、店長が不在のときは他の先輩に頼むこともありました。これは、業務委託サロンのあるあるなのですが、littleもいろいろなバックグラウンドを持つ美容師さんが集まるサロンなので、技術も人それぞれなんです。逆に言えば、いろいろな技術に触れられるチャンスでもあるので、その中から自分にあった方法を取り入れていくのがいいと思います。今は、little自体にアシスタントが増えたこともあって、一貫した教育を受けられるカリキュラムが整備されています。

 

>モデハンは飲みの場で!? 意外だけど指名に繋がる効果的なモデハンの方法

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング