【ALIVE FC】新卒入社1年6カ月で売上100万達成。若手が育つスマートな教育カリキュラムの真髄とは

2020.12.15

 

内定後からシャンプーをトレーニングし、入社後は1年でカラーリストデビュー、さらにその翌年はスタイリストデビューというスピード感のある育成カリキュラムを実施するALIVE。今回は、原宿店でカラーリストとして活躍し、入社1年6カ月で売上100万を達成した阿部圭悟(あべけいご)さんが登場。その背景について、本部代表・西川さんと共に語っていただきました。FCオーナーの道を考えていて、若手の育成を懸念している方は必見です!

 


 

バレイヤージュで集客して、ALIVE史上最速の記録を更新

 

 

西川:売上100万を達成したのが、10月の後半でしたよね。歴代のALIVE史上最速記録が1年7カ月だったので、それを超えました。どんな気持ちでした?

 

阿部:100万というのは最初の目標として掲げていたので、それをクリアできて安心しましたし、嬉しかったです。8月の繁忙期に90万だったのがめちゃくちゃ悔しかったので、絶対に11月には達成したいと思っていました。でもALIVEの環境の中では、僕の記録はそこまですごいという感じではないのかな?とも思います。

 

西川:確かにそういう文化がALIVEの中には浸透してきていますが、入社してまだ1年半で売上100万というのは業界的にかなりレアなこと。有名店は1年目にシャンプー、2年目はスタイリストについてカラーを手伝うという流れがスタンダードですから。少しずつ積み上げていく子もいるので、それはそれでいいと思うし、うちも両軸で評価したいとは思っていますけどね。売上を達成するために、具体的にはどんな工夫をして取り組んだの?

 

阿部:先輩が白髪に悩み始めている30〜40代をメインターゲットにして成功しているのを見て、バレイヤージュ推しでその世代をターゲットにしました。まだまだ接客面とか自分の未熟さに不安はありましたけど、どんどん挑戦しないと先がないなと思ったので。バレイヤージュの新規の客単価は26000円と高いので、1日3〜4人のペースで施術していました。

 

西川:インスタのフォロワーは、今どれくらいになった? 入社してからやり始めたんだよね。

 

阿部:はい。今は3000人ちょいですが、ハッシュタグが上位に入ればお客さんを呼べます。お客さんとはインスタのDMでやりとりをしていて、アフターケアのような感じで髪のアドバイスもさせていただいていますし、毎回施術後にiPhoneで写真を撮って夜に送るのも日課です。最近は、よくカラー相談のDMも頂いています。とにかく嬉しいです(笑)。

 

西川:インスタはホームページを超える存在ですからね。インスタをピカピカにしておけば、お客さんにアプローチできますし。次の目標設定は?

 

阿部:12月に150万をめざしています。その次は、3月に200万。入社1年11カ月で200万を達成した歴代の記録に並びたいです。僕は1年でカラーリストデビューできることに魅力を感じてALIVEに入社したのですが、逆に準備期間が1年しかないと思って気合が入りました。今こうして注目していただけるのはALIVEの環境のおかげだと思っていますし、西川さんのおかげです!

 

西川:僕は何もしてないです(笑)。ただ、若い感性でどんどん施術してほしいと思っています。1年でデビューさせてアシスタントがいなくなっても、うちはみんなで協力して対応するというスタンス。とにかく筆おろしが早くないと上手くならないですからね。

 

>入社月からカラーモデルの施術を始めて、いろんな頭を触った

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング