「Agu.」がついに海外進出! NYマンハッタンのサロンに賭ける思いとは?

2019.12.15

 

国内1000店舗をめざして、現在400店舗以上拡大を続けている「Agu.」が、いよいよ海外進出の第一歩を踏み出します。選んだ場所は、世界中から高感度な人々が集まるニューヨーク・マンハッタン。

 

店舗を取り仕切るのは、マンハッタンのトップサロンで一流の顧客を抱えて活躍してきた荒川智大(あらかわともひろ)さんです。Agu.に参加することになった経緯から新サロンに賭ける思い、そして今後の展望について語っていただきました。

 


 

後輩との縁が導いてくれた新たなステージ

 

僕は今33歳なのですが、美容師になったばかりのころから“35歳”という区切りを見つめていました。人生、一度きり。プレイヤーとして行けるところまで行ったら、次のフェーズに潔く進みたいと思っていたんです。8年前にニューヨークに来て、世界有数のトップサロンで挑戦し、自分の実力が十分通用すると納得できるところまでたどり着きました。次は独立かな? と考え始めていましたね。

 

ちょうど1年前、たまたま一時帰国したときにAgu.で多店舗展開をしている前職時代の後輩とご飯に行って、「何か一緒に面白いことをしたいね」と話していたんです。そこから話が具体的になっていき、会長から直々に海外進出のお話を伺いました。“1000店舗”という数字を聞いたときに、「これは面白い」と直感したのが参加の決め手です。

 

今まで日本のさまざまな会社から「海外に出店したいので一緒にやりませんか?」というお声がけはいただいてきましたが、とりあえず1店舗をおまけのように海外出店するというスタイルは、全く賛同できませんでした。僕はアメリカでやるなら、堂々と勝負できるビジネスがしたかった。現地に日系サロンはたくさんありますが、その中のひとつで終わる気持ちはさらさらありません。僕が働いていたフランス系のフレデリック・フェッカイがアメリカでトップを取れているのに、日系サロンはなぜそのレベルにないのか? どうやったら勝てる? と、ずっと思ってきたので。やるなら一番をとりたい、という強い思いがあります。

 

ニューヨーク1店舗目のサロン名は「A Grand Union」

 

 

現在、Agu.海外1店舗目となるサロン「A Grand Union(ア・グランド・ユニオン)」をオープンすべく準備を進めています。マンハッタンの中心地、フラットアイアンディスクリクトに位置し、オフィスやショップが立ち並ぶホットで人通りの多いエリアです。

 

コンセプトは、“アフォーダブル・ラグジュアリー”。「ハイクオリティを手が届く価格で」という意味で、ターゲット層はアッパーミドルです。今はハイエンドサロンが飽和状態なので、あえてひとつ下の層を狙います。経済的にある程度の余裕はあるけれど、髪に数万円をかけることに抵抗がある人たちは山ほどいますからね。

 

内装は、ウォークインを獲得するために全面ガラス張りにして、立ち寄りたくなるおしゃれなラウンジのようなインテリアにします。その奥に11席のセット面があり、大きすぎず小さすぎないグッドサイズのお店です。

 

スタイリストは、僕を入れて7〜8名の予定です。客層は日本人ではなく現地の方を設定しているので、スタイリストも人種は関係なく、会社として求めているスキルと人柄、ビジョンに賛同できるかというところで採用します。

 

新しい挑戦で不安は常にありますけど、ずっと考えながらやってきたので、それを形にすることは楽しみでもありますね。

 

日本のスタッフが海外店舗で働ける環境も整備したい

 

 

今後、日本のAgu.で働くスタッフがアメリカで働けるチャンスも作っていこうと思っています。僕は何の準備もせずにアメリカに飛び込んで、右も左も分からない状態でもがいた経験があるので(笑)、そうならないように、ある程度スキームができた状態で海外志望の人をバックアップできたらいいな、と。現地のスタッフと働きながら、実際にお客さまに対応できるような実践的な教育環境を用意できるようにしたいと思っています。

 

その手始めとして、外国人客の技術と接客を学べる動画を現在作っているところです。海外勤務をめざす人、そして日本で働くスタッフのインバウンドにも対応できるよう、社内教材として活用していく予定です。

 

マンハッタンの店舗からAgu.の海外進出がスタートしますが、これを機に現地で店舗展開を進めていきます。アメリカは州ごとに法律などシステムも異なりますし、美容師免許も州をまたげません。出店する土地に合う適切なサービスを提供していく必要があるので、マーケティングにも十分時間をかけていく必要があります。生半可な挑戦ではないと分かっていますが、海外事業部の有能なブレーンと共に、楽しみながらしっかりやっていこうと思っています。

 

 

プロフィール
荒川 智大(あらかわ ともひろ)
AGU NY,INC 代表

青山の有名店で人気スタイリストとして活躍したのち、2011年にニューヨークに拠点を移す。マンハッタンのサロン1店舗を経て、世界的に有名なトップサロン「Frederic Fekkai(フレデリック・フェッカイ)」に所属。一流の顧客を多数担当し、サロンワークを中心に雑誌やTV、ファッションショーでも活動。A Grand Unionを運営するAGU NY,INC代表となり全米展開の立役者として、さらなる活躍が期待される。

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング