24歳で鳶職人から年収1000万overのFCオーナーに!?ゼロからスターへ駆け上がるTrue Creation流ジャンプ経営

2021.09.25

 

現在、埼玉県を中心に店舗展開を行うTrueCreation。勤務時間内の練習や8時間勤務のシフト制など、労働条件や福利厚生の面でスタッフに寄り添っていることに加え、生え抜きのスタッフをゼロから教育をしてスターを育てることをモットーにしています。

そんなTrueCreationに今年初のFCオーナーが誕生しました。24歳という若さでFCオーナーとなる橋本大知さんはどんな努力でここまで駆け上がってきたのでしょうか? 

また、若手スターを誕生させるTrueCreationのFC 展開の考え方についてオーナー吉田直史さんに伺いました。

 


意外とみんなできていない? 「先輩のアドバイスはまずはそのままマネしてみる!」

 

 

――今年、24歳でFCオーナーになった橋本さん、ご経歴から教えていただけますか?

 

橋本 はい。前職は鳶(とび)の職人だったんです。その後美容専門学校を卒業して、20歳のときに新卒の扱いでTrueCreationに入社しました。アシスタントから順調にステップアップしていき、2年目で副店長、3年目で店長を任され、現在4年目でFCオーナーになりました。

 

吉田 橋本くんは、とにかく素直だから成長が速いんですよ。先輩に言われたことは全部やるし、練習も強制されたわけでもないのに、毎日終電までやっていたよね。なんでそんなに頑張れるのか、気になって聞いてみたことがあるんだけど、「練習は歯磨きと同じ。“習慣”だからつらいとか、いやだとかはないです」と言っていて驚きましたよ!

 

橋本 とにかく早くデビューしたかったんですよ。

 

――スタイリストになってからは、順調に指名売上を伸ばしていったと聞いています。どんな方法で顧客を獲得していったのでしょうか?

 

橋本 僕の場合は、技術的なことも接客面も、先輩に言われたことをまずはマネして、完全にコピーできたと思ったら、自分なりのオリジナルを入れていくんです。

たとえば、カウンセリングのやりかたや、提案、美容の話などいろいろあるのですが、そういうマネできることは全部マネしました。そして、僕の場合は若くてお客さまと近い距離で接することがオリジナリティだと考えてプラスしていった形です。

ところが、大宮の店舗で働いているとき、指名が50万円で止まってしまったことがあって。FCオーナーになるということは決まっていたので、責任感を感じていたこともあり、MAX350万円まで指名売上を増やしました。

 

――50万円から350万円ですか!? 具体的にどんなことをやって指名を増やしたんですか?

 

橋本 はい。そのとき僕は、『ミッション100』という社内講習に参加していたんです。『ミッション100』というのは、「指名売上100人、100万円以上を達成した先輩たちが講師になって、売上を上げるためのアドバイスをしてくれる」というものなのですが、とにかく、先輩に言われたことをまずはそのままやりました。

 

吉田 『ミッション100』って、いろいろなスタイリストが、その人ならではの売上げアップ術を教えてくれるから、スタイリストによって教える観点が異なるんですよ。カウンセリングにこだわりがある人は、そのときの目線や姿勢であったり、技術にとくにこだわりがある人は、「技術に入る前になぜそれをやるのか説明する」だったり、小ワザがきいている人は、「カウンセリングの時に髪をサラッと見るのではなく、じっと見るようにする」とか、ちょっとしたことだったりするのですが、橋本くんがすごいのは、聞いたことはすべてそのまま実践するんですよ。

みんな、最初から自分のオリジナリティを加えてしまいがちなんですけど、そうじゃなくて、まずはそのままやってみる。そして結果が出てから自分のオリジナリティを加えるから、唯一無二のものが出来上がるんです。

 

「ここまでやってもらえるの!?」FCに加盟する側のメリットを最大限に追求

 

 

――それで350万を達成したということは、ものすごく説得力がありますね。橋本さんは、いつ頃からFCオーナーになろうと考えていたのでしょうか?

 

橋本 本格的に決めたのは、ちょうど1年ほど前でしょうか。もともとオーナーになりたいという気持ちはあったのですが、新卒で入社してここまでの自分をイチから作ってくれたTrueCreationと一緒にやっていきたいと考えました。実際、他のサロンを見ても、スタッフに対する教育も福利厚生もTrueCreation以上のものはないと思うので。

 

吉田 橋本くんって、今は美容師という仕事をしていますが、器用で周囲の人からも愛されるから、どんな仕事でも結果を残せるタイプ。FCというと、“親と子”という概念に見られがちですが、僕は橋本くんと一緒に仕事がしたい、一緒に戦いたいという気持ちなんです。人って、どうしても「自分が◯◯になりたい」「自分が◯◯したい」という思考になりがちだけど、橋本くんは利他の精神を大事にしてくれるので、FCオーナーはそういう人にこそなってほしいんですよ。

 

橋本 実際、吉田さんが背中を押してくれるというのはめちゃくちゃ大きいです。経営的にはまだまだなので、わからないことがあったら教えてもらえるというのも、FCオーナーのメリットだと思うので。

 

吉田 FCに加盟する側のメリットというのは常に考えていますね。だって、自分だったら「そこまでやってくれるの!?」という条件でなければやりたくないですから。

例えば、教育や求人は独立していきなり自分一人でやっていくのは難しいじゃないですか。そこをフォローするというのはもちろん、True CreationのFC店舗は、直営である程度の売上がきちんと取れるようになった店舗を譲り渡すと決めているんです。譲り渡したあとのロイヤリティは安価なうえに、2店舗目からは下がっていくというステップダウン方式です。多店舗展開しないとFCをやるメリットは双方にないと思っているので多店舗展開をすることが前提です。なので、橋本にもずっと1店舗で行きたいならFCではなく自分でやった方がいいただ、最低5店舗以上やりたいならFCいいんじゃない? と言いました。

 

目標は2030年には直営とFC合わせて70店舗です。売上が高い店舗を譲り渡していくと僕が食べていけなくなる恐れもありますが、そしたらカンパでもしてもらって(笑)。利益を上げることを目指す一方、FC展開で儲けどうこうよりも一緒に戦う仲間を増やしたいという気持ちも大きいです。。1億稼ぐオーナーより5000万の稼ぎだけど仲間にも3000万稼がせるオーナーがカッコイイって僕は思ってるんで。

 

成功の道筋を教えてもらえる、それこそがFCオーナーのメリット

 

 

――2030年に70店舗ということなのですが、橋本さんのこれからの出店の戦略は?

 

橋本 今は埼玉を中心に展開していますが、直営のTrue Creationはこれから北千住、渋谷など東京都心部に展開していく予定なので、僕としては、埼玉から下ってより地方方面に展開する予定です。というのも、直営が都心部に出店するにつれて、お店の名前を知ってもらう機会も多くなります。そうすると、都市部以外の人も「True Creationに行ってみたい。でも、近くにないから行けない」という人が出てくるはずです。そういった人を僕のFCでは集客していきたいです。

 

吉田 社内では、橋本くんを目標にしているという若手スタッフはすごく多いです。24歳にして年収1000万越えですから。『ネクストリーダーミーティング』という社内セミナーでは、幹部を目指す有志が集まるのですが、橋本くんはその講師も務めています。

 

――若手スタッフがどんどんFCオーナーを目指していく風土が出来上がりつつありますね。

 

吉田 はい。美容師って、自分もそうだったのですが、技術はめちゃくちゃ追求する一方で、社会保険が何なのかなど、そうした知識は疎かになりがちです。オーナーになって初めて自分の数字を作る以外のことを勉強するという人が多いんですよね。もちろん、自分自身でやってみてミスしながらも学んでいくというのもアリですが、True CreationのFCでは、僕自身のミスを語るに留めて(笑)、きちんとやっていける道筋をつけてあげたいです。

 

 

True Creation

代表取締役/吉田直史(よしだ なおふみ)

埼玉県出身。東萌ビューティガレッジ卒業後、大手チェーン店へその後1店舗を経て

25歳の時に埼玉でTrue Creationをオープンさせる。現在30歳にしてヘアサロン、アイラッシュサロン、ドライヘッドスパサロンなど10店舗を展開している。

 

 

TrueCreation久喜店

オーナー/橋本大知(はしもと だいち)

埼玉県出身。日本美容専門学校卒業。

元々美容師にならずに鳶職人として働いていた。20歳でTrue Creation入社。最速1年でデビュー、指名売上50万から1年で350万まで伸ばして若干24歳でTrue Creation初のFCオーナーへ。

 

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング