【就活中の方必見!】人気サロンの採用担当者が語る採用のポイント-GARDEN編-

2016.01.05

プレゼンテーション1

 

憧れのサロンへの就職を目指す美容学生や転職者にとって、採用審査は夢へ近づくための第一歩。実際に審査の段階で、自分のどのようなポイントがどのような基準で評価されるかと気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回から、採用担当者が語る採用のポイントを人気サロンごとにご紹介。第一弾は「GARDEN harajuku」の採用担当者、深谷修さんに直撃します。

 


 

個々の抱く夢や、働く上で求めるものを重視

 

 

-新卒者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

 

やはり美容師はラクな仕事ではないですが、夢をもつことは働く上でモチベーションになる大事な要素だと思うので、新卒についてはどんな夢を持っているかを重視します。弊社は入社後も厳しいので、逆に目標となるようなものがないと続けていくのが厳しいかもしれません(笑)。

 

 

GARDENは会社全体としても夢や個々の想いを尊重しているので、新たな店舗を出店する際も「新店舗を出すので行ってください」と一方的に誰かに頼むのではなく、「そこで何かを成し遂げたい」という想いを持ったスタッフに対して、気持ちを汲んだ上で任せています。そういう意味でも、夢について語ってくれる人の方がマッチングもしやすいと思っています。次回から書類審査を導入予定で“作文”を設けるつもりなので、そこで夢について書いている美容師さんとは会ってお話してみたいと思いますね。

 

 

-中途の応募者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

 

中途に関しては、“働く上で何を求めているか”という条件を確認します。技術をその場で見ることはできないので、お互いの考えを約1時間の面接で話すなかで、その条件がきちんと合えば採用、というかたちを取っています。かつては中途採用した人にも一からやり直すつもりでシャンプーから学び直してもらっていたのですが、中途で入った時点でも技術が成っていれば学び直しのチェックはパス、という方針になってから、中途の退社率が下がりました。

 

 

声の大きさは接客業の大事な要素

 

 

-採用担当者として思わず好印象を抱くポイントについて教えてください。

 

 

新卒、中途を問わず共通して言えることなのですが、「声が大きいこと」ですね。大きな声ではきはきと話す人には元気で積極的な人が多いですし、そうした人の方が接客にも向いているのではないかなと思います。あとは「この人にだったら髪を切ってほしい」と思えるかどうか。そこは面接の際のフィーリングで判断しています。

 

 

-採用された方に共通している点はありますか?

 

 

女性美容師の場合、自分の主張や芯をしっかりと持った女性が多いです。女性は長所を伸ばし続けることで成長すると感じていて、実際にGARDENではハイパフォーマーのほとんどが女性美容師です。男性美容師の場合は、長所を伸ばしつつ、短所も補うオールラウンダーな人材が多いですね。

 

>「◯◯のため」がある子は壁を乗り越えられる

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング