人気サロンの採用担当者が語る採用のポイント「SHEA」編

2019.08.23

 

就職を目指す美容学生や転職者に向けて、人気サロンの採用担当者が採用のポイントを語るシリーズ。言葉のチョイスに説得力がある子は好印象だと語られた「SYAN」編に続き、今回は「SHEA」の採用を担当する坂狩トモタカ(さかがり ともたか)さんに直撃します。

 


 

入社後の美容師としての未来像に注目

 

-新卒者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

・本人が考える入社後の未来像

 

「SHEAに入社した上で美容師としてどうしていきたいか」について、本人の意思が垣間見えるとうれしいです。仮に明確なビジョンを持っていなかったとしても、美容師として頑張ろうとする気持ちは言葉に表れますし、そうした子は芯の強さを感じさせたり、こちらも入社後の育て方がイメージできたりするので採用したいと思います。加えて、その子自身だけでなく、会社としても成長できるような個性など光るものを持っていると尚いいですね。

 

-中途の応募者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

・入社の志望理由

 

それまでの自分の環境に対して感謝しつつも、「もっと上手くなりたいから」と自分の成長のために受けにくる子は入社後確実に成長するので、そうした子を発掘したいと思っています。逆に、前に働いていた会社の環境の悪さを挙げて「新しい環境に変えようと思って」と受けにくる子は、まず採用していません。

 

 

多少拙くても自分の言葉で伝えようとする子の方が断然好印象

 

-採用担当者として思わず好印象を抱くポイントについて教えてください。

 

・自分の言葉で伝えようとしてくれる子

 

笑顔やハッピーなオーラがある子は当然好印象なのですが、加えていいなと思うのは、自分の言葉で話せる子です。みなさん、当日に備えて何を言おうか考えてくるとは思うのですが、結局、面接って「相手に何を伝えたいか」が重要だと思うんです。だから本当の想いを伝えきれないマニュアル通りの回答よりも、多少拙かったとしても、自分の想いを自分の言葉で伝えようとしてくれる子の方が断然いいです。

 

・SHEAについて本当に興味を持ってくれている子

 

SHEAについて、メディアに出ている表面的な情報だけをビジネス的に知っていることと、本当に興味がある上で知っていることの間には大きな差があるので、例えばSHEAについてどこまで知っているか探ったときに、「このスタイリストさんのこういうところが好きです」といった踏み込んだ内容が返ってくるといいなと感じます。

 

本当に興味を持ってくれている上での言葉は、その子が代表の僕だけでなく、ほかのスタッフのことまでちゃんと見ているのが伝わるので、ポイントが高いですね。

 

-採用された方に共通している点はありますか?

 

・技術の上達にプライドをかける職人気質

 

根本的に職人気質な子が多くて、自分のお客さまにどれだけ満足してもらえるかということを最も優先しています。技術の上達に対してプライドを持って向き合っていますし、自分を高めること、挑戦することに対してポジティブに考えているスタッフが多いと思います。

 

・人に対して当事者意識を持って接するやさしさがある

 

お客さまに対してだけでなく、スタッフ間についても言えることですが、気づくことや興味を持つことって「優しさ」から生まれるものだと思うんです。SHEAの経営理念でも「優しさとヘアデザイン」とうたっているように、みんな人に対して当事者意識を持って接するやさしさがあるのが共通点ですね。

 

>根拠のない自信が自分の全てになっている子は採らない

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング