派遣美容師を経て人気店へ! スタイルブックが叶えてくれたCANAANへの転職

2018.04.13

 

原宿の人気店『CANAAN』の若手注目スタイリストであり、ファッション誌、業界誌のヘアメイクとしても活躍している山本麻美(やまもとまみ)さん。CANAANに入社する前は、約1年半療養のために、派遣美容師としてペースを落としながら働いていたそうです。それでも理想の転職ができたのは、復帰に向けてしっかりと準備をしていたからでした。転職を考える美容師さんだけでなく、専門学校で勉強中の美容師のタマゴにも読んでほしいインタビューです。

 


 

有名店を辞めた後も腕を鈍らせたくなかった

 

 

前のサロンの退職理由は、過労が原因の体調不良です。有名な大型店でアシスタントとして働いていましたが、辞めてから約1年半、派遣美容師としてさまざまなサロンで働きました。その期間中に、サロンワークとカフェでのアルバイトを掛け持ちしたこともあります。

 

正社員ではなく派遣美容師として働いていたのは、体調が回復するまではフルで働くことが難しかったから。でもいずれ復帰するつもりでしたので、美容師の技術を鈍らせないように、自分のできる範囲で仕事を続けました。その間に、さまざまなサロンでアシスタント業務をしたので、バックシャンプーだけでなくサイドシャンプーを覚えたり、大型店と個人店のオペレーションの違いを学んだりと、たくさん収穫がありました。

 

カフェのアルバイトで知り合ったモデルの卵ちゃんに協力してもらって、作品撮りもしていました。その当時はまだInstagramをしている人は少なくて、フォロワーも10人くらいしかいないし、「いいね!」も1回の投稿で2、3個しかつかなかったことも(笑)。それでも2万円で買った中古のキヤノンの一眼レフで撮影して、コツコツと作品をUPし続けたんですよ。作品を撮り溜めてスタイルブックもつくりました。ちなみに、撮影に協力してくれたモデルの卵ちゃんは、大きく羽ばたいて海外でも活躍しています。今でもその子のInstagramを見て、お店にくるお客さまもいらっしゃるんですよ。

 

オーナーの長崎さんからCANAAN に入社後に言われたのですが、私を採用した決め手はスタイルブックだったそうです。スタイルブックが私の意欲とセンス、そしてやる気を伝えてくれたのだと思います。

 

CANAAN「速い、うまい、キレイ」に感激!

 

 

体力が回復し、再び正社員の美容師に戻ると決めたとき、最初に受けたのがCANAAN でした。私は気になるサロンを受ける前に、お客さんとして訪問し、施術を受けるようにしています。そのときCANAAN で入れたハイトーンにピンクを入れたカラーがすごく可愛かったし、時間も早いし、クオリティも高くて、とても感動したんです。「ぜひここで学びたい!」と思ったので、後日、「募集していませんか?」と連絡しました。そして、長崎さんと会って話をさせてもらい、スタイルブックも見てもらって、入社することになったんです。

 

CANAAN は最低月8日休みがありますし、有給休暇も使えるので、体を休めながら無理せず働ける環境で、体調不良から復帰したばかりの私にとってはこれ以上ない環境でした。ただし、シャンプーからなにからすべて仕事の進め方が違うので戸惑いました。服装についても、CANAANのナチュラルテイストに合っていないことに気づき、少しずつサロンのテイストに合わせていきました。CANAANの一員になるために、技術も服装もイチから見直す必要があったんです。

 

>スタイリスト昇格後の「伸び悩み」を克服!充実した日々

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング