【ムラタサダヒロ&中村雄樹】好評につき第2弾!インスタで見つけた最上級テクニックのヘアカラー写真10選

2021.11.29

 

ムラタサダヒロさんは仙台市、中村雄樹さんはさいたま市大宮区。二人はそれぞれ、地方都市の繁盛店を取り仕切るサロンオーナーでありながら、積極的にデザインカラーを発信するクリエイターです。前回に引き続き、ここでは二人がインスタグラムで見つけたイチオシ作品をチョイス。今回はヘアカラーシーン最前線を牽引する重鎮スタイリストから、デビュー直後の若手スタイリストの作品まで幅広くピックアップ。根元のボカし方は? これはシャドールーツ? カラー剤は何を使っているんだろう? アディクシーかな? イルミナかな? そんなマニアックなカラー話で盛り上がった2人のトークは必見です。なお、今回掲載させていただく10名の方には事前にご承諾済みです。

 


 

ムラタサダヒロ セレクション<1> Hodos mikaさん @isd_mika

ムラタサダヒロ セレクション<2> SIGN 酒井由美さん @yumi_sakai_

ムラタサダヒロ セレクション<3> ZeLo Yumaさん @yuma_316

ムラタサダヒロ セレクション<4> LOWE Natsumiさん @na_tamii_lowe

ムラタサダヒロ セレクション<5> C・CREW 桑原 大貴さん @taiki0726

 

中村雄樹セレクション<1> Merly Osaka hayashi yukiさん @merly_yu.ki9843

中村雄樹セレクション<2> REDEAL AKARIさん @akari_redeal_0808

中村雄樹セレクション<3> Adel 川端康平さん @daniel_kouhei

中村雄樹セレクション<4> iLe. 酒井元樹さん @sakaimotoki

中村雄樹セレクション<5> SHACHU みやちのりよしさん @miyachinoriyoshi

 

ムラタサダヒロさん(左) と中村雄樹さん(右)

 

今回はムラタさんのセレクションからスタート!

 

編集部:前回の記事はバズりましたねー! 取材していて面白かったです! 合間の雑談でも、カラートレンドの変化を知ることができて楽しい時間でした。

 

ムラタ:面白かったですね! ありがとうございました。それでは今回は僕から早速やっていこうと思います。

 

中村:よろしくお願いします!

 

 

ムラタサダヒロ セレクション<1>

 

 

hodos mikaさん @isd_mika

 

ムラタ:まず僕の1枚目はhodosのmikaさんですね。前回はカラーのクオリティをメインに選んだので、今回はファッションも交えたシリーズに変えてみました。これはハイトーンで抜いて、ローライトが入っていて、色に濁りがないところもさることながら、髪型全体の雰囲気を通してかっこいいなって。ヨーロッパっぽい、ロンドンを感じるような雰囲気です。カラーはぼかすだけではなく、抜ききるだけでもなく、ファッションとして魅せるものだっていう作品が今減ってきているので、素敵だなと思いました。

 

中村:カットとスタイリングの感じと、ローライトの入れ方とかが僕のお客さまではいない感じです。すごく個性が出せている。これをお願いしたい人はmikaさんのところへずっと通い続けるんだろうなって思うとすごい作品だなと思います。背景の色のトーンも絶妙にマッチしていてエモい感じですね。お店なんですかね?この背景。独特で柔らかい雰囲気ですよね。

 

 

ムラタサダヒロ セレクション<2>

 

 

SIGN 酒井由美さん @yumi_sakai_

 

ムラタ:正面で撮っているところがいいですね。カラーリングの要素も伝わりつつ、正面撮りのスタイルとして成立しています。モデルさんも撮られ慣れてるのか、撮るタイミングが上手いのか。トータルバランスがすごくいい。SIGNらしさもありつつ、彼女のセンスも出ているのかなって感じがします。顔周りにぽろっと落ちている髪の毛のバランス、そしてmikaさんとはちょっと違った感じの雰囲気の仕上がりが上手だなと思いました。デザインカラーももちろん上手い。色に濁りがないですからね。ちゃんと薬の調合ができている。

 

中村:モデルさんを呼ぶと、僕は結構巻いちゃうんですけど。これは毛先を散らしてナチュラルにやっている感じが女性スタイリストらしい作品なのかなと思ったりしました。とある撮影のときに、巻こうと思ったら巻かないほうがかわいいよって女性編集者の方にアドバイスもらったことがあって。実際そのほうがいい仕上がりだったんですよね。女性視点だと、巻かないっていう選択肢は結構あるんだなあと勉強になります。

 

 

>もっとムラタさんのセレクションを見る

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング