#ハイライト GORILLA BISCUITS森戸俊樹さん #♡♡♡♡♡♡♡でTOPにでてきた人 #ハイライト

2022.05.12

 

今やSNSは美容師にとって欠かせないツールです。そこで、Instagramで#♡♡♡♡♡♡♡(スタイル・技術名)で検索した際に、そのときの人気TOPに上がってきたスタイル写真を作った美容師さんにそのスタイル・技術についてのこだわりや、SNSの使い方などについて伺います。

 

今回は #ハイライト。#ハイライトでTOPにあがってきたのは桜木町にあるヘアサロンGORILLA BISCUITSの森戸俊樹さんのポストでした。

 

4.7万人ものフォロワー数を誇りながらも、Instagramを集客用には使っていないという森戸さん。肩の力を抜きながら取り組んでいるにもかかわらず、大バズり中の森戸さんに、投稿のコツや技術との向き合い方について伺いました。

 


 

ハイライトに見えてハイライトじゃない!? 森戸流の技術とは?

 

 

――森戸さんのInstagramを見ると、ハイトーンとハイライトが多いですね。

 

いや、実際の施術ではハイライトは少ないんですよ。

ハイライトとハイトーンのお客さまを合わせて全体のお客さまの半分くらいです。

あと、今日は、#ハイライトでTOPに出てきた人ということで取材していただいていますが、僕の場合は、“ハイライト風”なんです。

 

――ハイライト風とはどういうことでしょう?

 

ハイライトって、筋を細かく入れていると、最初の1回目はきれいなんですけど、2回、3回とブリーチを重ねていくうちに抜けムラになりますよね。そうならないように、ブリーチをのせた下に暗いところを作って、重なったときにハイライトに見えるようになっているんです。こうすると、リタッチしても抜けムラにならないんです。

いつも「どうしたらより良くなるだろう?」ということを考えながらやっているので、これが完成形のやり方というわけではなく、また考えて良い方法があったら進化させます。

森戸さんの“ハイライト風”スタイル

 

――そういうことなんですね。森戸さんは、ハイライトの施術は少ないとおっしゃっているにもかかわらず、#ハイライトで検索するとTOPに出てきました。なぜだと思われますか?

 

うーん……ハイライトをメインで打ち出している人よりもきれいにできているからかもしれませんね(笑)!

僕の場合、ハイライトのお客さまはそう多くはないのですが、どの方も100%完璧に仕上げているつもりです。Instagramに投稿するとなると、特別にうまくできたものを選んで載せる、という美容師さんが多いかもしれませんが、僕はそうではなくてハイライト風を含むハイトーンのお客さまはほぼ全員写真を投稿しています。

 

 

あと、Instagramって、フォロワー数だけ多くても実際に見られていたりエンゲージメントが高くないとおすすめには上がってこないようなので、まじめにたくさん投稿して、たくさんの人に見てもらっていることが大事なのかもしれませんね。

 

>ストレスに感じてしまったら続かないから、投稿は5分以内で!

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング