美容師お宅訪問第7回 朝食やBBQ、野菜づくりをルーフバルコニーで! 大人のための美容室SENTACセキタカシさんが暮らす部屋

2018.10.29

 

センスが問われる美容師という仕事。サロンではかっこいいけど実際のライフスタイルもオシャレなのでしょうか? センスのいい美容師さんにお部屋を見せていただく連載です。

 

美容師お宅訪問シリーズ>>

 

第7回は原宿で大人のための美容室SENTACを構えるオーナーのセキタカシさん。セキさん宅に美容師仲間が集まり、BBQをしているところにQJナビDAILY編集部がお邪魔してきました。

 


 

▼セキさんのお部屋のプロフィール

 

場所:都内某所

 

広さ: 3LDK  63平米

 

居住年数:約15年

 

 

 

 

今の家に住むようになったのは、僕が結婚してからのことだから15年くらい前になりますね。その前は渋谷に住んでいたんですけれど、そこでも人を集めてパーティーをしたりしていたので、次に住む家は一軒家にしてテラスでBBQとかできたらいいなぁって思っていました。今の家はバルコニーも広いし、外の視界も開けているし、一軒家ではないけれど希望はかないましたね。

 

ただ、ウチはエレベーターがないので、小さいこどもを抱えて階段を上るのはちょっとしんどかったです。今はもう小学生なので問題ないですが。

 

 

取材当日はルーフバルコニーBBQを絶賛開催中!

 

 

今日はサロンの休日なので、バルコニーでBBQを楽しみます。集まってくれたメンバーは美容師さんや、IT関係の方などさまざま。アシスタントの加藤くんにも、よく料理を手伝ってもらっています。さらにこのあと、私が以前働いていたサロンBRIDGEの青木くんが、朝釣った魚を持ってきてくれる予定なんですが…青木くん大丈夫かな、間に合うかな…。撮影の間にくるといいですね。

 

専用の燻製器ではチーズやベーコンの燻製がいい香りを漂わせます

 

日曜日は美容師以外の人たちとバルコニーでパーティー

 

 

今日、集まっているメンバーは美容師さんが多いですが、家族や親せき、パパ友、ママ友などが集まることもあります。子どもを交えてパパ友会や、ママ友会をよくやるんですが、会社員のみなさんは土日じゃないと集まることができないんですよね。だから、日曜日は15時にサロンワークを終えて、16時からスタートみたいな感じで集まっています。

 

まさかのBBQパエリアが登場

 

毎日の朝食づくりはセキさんが担当

 

朝ごはんのあと子供とハンモックでくつろいでから出社することも。今日はOFFなのでビールです

 

バルコニーで朝ごはんを食べることもあります。料理担当は僕です。妻はお米が好きで、子どもはパンが大好物なので、パンとごはんを交互に出すことになっています。ごはんの日は、焼き魚とみそ汁とか…朝は時間がないので、どうしても同じようなメニューになりがちですけれどね。

 

食材や調味料は、子どもが小さいこともあるので、安全安心なものを選ぶことにしています。家庭菜園をしているので、有機栽培の野菜を使うこともありますね。

 

ベランダ農園で自家製野菜をつくる

 

セキさんのバルコニー家庭菜園。このときはカラーピーマンが育っていました。

 

野菜づくりを始めたきっかけは、「BRUTUS」(マガジンハウス)の「農業を始めよう」という特集を読んだこと。感度の高いデザイナーさんなどが、週末に野菜づくりをしているという内容で、やってみようと思って始めました。最初につくった野菜は、プチトマト。ホームセンターで必要なものを揃えてつくりはじめて、そのうちにどんどん品種が増えていきました。

 

玉ねぎに、ナスやズッキーニ、スイカやメロンをつくることも。サトウキビなんかもあります。もちろんプロにはかなわないですけれど、野菜って手をかければかけるほどおいしくなるんですよ。

 

全部ではないそうですが、あざやかな手作り野菜のディップも

 

「野菜をつくる美容師」ということで、NHKの番組に出演した経験もあります。そのときも、このべランダで撮影しました。番組の制作会社のかたが、「野菜づくりと美容を関連づけてくれると面白いですね」っておっしゃるんですけれど、ただ好きでやっていたことなので困りましたね。そのときは、農業も美容師もハサミを使う仕事なので、野菜もデザインを意識して不要なところを切るという話をしたことを覚えています。

 

毎日忙しい美容師さんには、植物を育てる楽しさを知ってほしい

 

 

今年は猛暑でしたし、強い台風もあったので野菜づくりは大変でした。気温が高すぎるとうまく育たない野菜もありますし、台風のときは風で飛ばされないように準備しないといけません。世話をするのは大変ですが、それでも野菜を育てることは楽しいです。

 

美容師さんって、仕事は大変だし、忙しく過ごしているんだけれど、成長の手ごたえを感じられないことも多いと思います。子どもやペットとは違うけれど、植物は育てている手ごたえを感じられる生き物です。種を植えてそのままでは育たないですが、毎日、水をあげたり、肥料をあげたり、土を入れ替えたり、手をかけたぶん育ちがよくなります。植物が少しずつ成長する様子は見ていて楽しいし、やっていることが報われるので自己肯定感も養われるんじゃないかなって思うんです。

 

なかなか仕事のことが頭から離れない美容師さんも、きっと植物を世話しているときは自然のなかで生きていることを実感できると思います。興味がある人は、お家のベランダやテラスなどで、ぜひ試してみてください。

 

オマケ:BRIDGEの青木さんの朝釣りの魚も無事到着しましたよ!

 

プロフィール
SENTAC/オーナー
セキタカシ

青山、原宿のヘアサロン『ARTIS SALON』『BRIDGE』にオープニングから参加。店長、ディレクターを経験。16年在籍後、大人のための美容室SENTAC "センタク" をオープン。 初対面の重要性を提唱。一般的なサロンワークの枠にとどまることなく、人前に出る職業や立場の人に向けて、イメージコンサルティング、キャラクターデザイン、エイジングケアまでおこなっている。


http://sentac.jp/

 

(取材・文/外山 武史  撮影/金田 裕平)

 

  美容師お宅訪問シリーズバックナンバーはこちら>>

 

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング