オープン5年目にゼロからのスタート。正しさのない問いの決断とは? ―10年サロン「KATE」のブランディングストーリー前編

2019.10.30

 

オープンから10年続けられるサロンは、たったの5%といわれている美容室経営。

 

10年サロンのブランディングストーリー」ではオープンから長く続く美容室のオーナーへのインタビューから、サロン経営のコツを探っていきます。

 

第13回は『KATE』の木下公貴(きのしたきみたか)さんのもとへ。

 

2011年3月にオープンし、来年で10年目を迎える『KATE』。表参道に本店を構えながら、2017年には2店舗目を熊本にオープンするなど個性的な店舗展開をしつつ、確かなスタイルを提案し続けているサロンです。

 

インタビューは前編、後編の2回。前編では、東日本大震災直後となった店舗オープンのことや、木下さんが「これまでで一番大変だった」と語るできごとについてうかがいました。

 

 


 

【前編】

 

 

 

【後編】※2019年10月31日公開予定

 

 

 

 

>オープン当初は、サロンを自分の城だと考えていた

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング