ショート・ボブ専門美容師&YouTuberの大野道寛さんが 木村直人さん田中亜彌さんと立ち上げた「devoted」で描く未来

2021.07.08

個人的なテーマは「美容師として終着点を見つける」

 

 

devotedで個人的に目指したいのは、美容師としての終着点を見つけることです。体力やセンスは今がピークだと自覚しているし、ここからは下がっていく部分もあると思います。

 

そのような中で価値を残すためにはどうしたらいいのか。例えば、今はカット料金を2万2000円にしていますが、それでも予約が埋まってしまうし、新規のご依頼も毎日たくさんいただいている状態です。

 

必要とされる喜びを感じつつも、お客さまを待たせるのは心苦しい。一方でマンツーマンでは限界がある…弟子のような存在が必要なのかな、と思ったりもします。

 

 

ショート・ボブ専門美容師として足場を固めたいという想いもあります。その一環で、「ショート・ボブ専門美容師」の商標登録に着手しました。

 

ショート・ボブ専門美容師という名前を独占したいというよりは、先に登録されて使えなくなることを防ぐためです。商標登録をすれば、ディプロマや暖簾分けにも使いやすくなるのかなと。より専門性を高める効果があると思います。

 

 

マンツーマンのサロンワークやYouTubeで数字をつくることができましたが、上には上がいます。僕はそのてっぺんを目指したいとは思いません。それよりはdevotedを通じて、自分を求めてくれる人たちに新しい価値を提供したいし、自分の家族をはじめとする身近な人たちを幸せにしていきたいんですよね。

 

コロナ後は全国のフォロワーに感謝を伝える旅へ

 

 

これからはdevotedでの活動がメインになりますが、コロナが落ち着いてから、東京まで髪を切りにこられないフォロワーさんたちのために全国ツアーをしたいと考えています。

 

全国展開するシェアサロンGO TODAY SHAiRE SALON.のスポット利用の仕組みを利用し、現地でサロンワークをする日に予約を固めるやり方でコロナ以前にもやっていたんですよ。フォロワーさんへのお礼を兼ねた旅行のようなもので、行った先々で現地のグルメに舌鼓を打っているんですが、これも縛られない働き方ならではなのかなと。

 

 

とまあ、いろいろとやりたいことがあるのですが、今から3年前はレギュラーサロンで普通に雇用されてわけで、そのころの自分が、将来こうなることを知ったら驚くと思いますね。

 

これからも周りに感謝し、助言には素直に耳を傾けながら新しい挑戦と試行錯誤と繰り返しながら進んでいければと思います。目指す終着点に近道はなくて、毎日コツコツと、淡々と積み重ねた先にあるような気がします。

 

プロフィール
devoted代表
ショート・ボブ専門美容師 大野 道寛

表参道有名サロンで10年勤め、新規客の100% が【ショート・ボブ】をオーダーするという、肩上レングスのスペシャリスト。 圧倒的経験数から、生み出した独自のカット技術は【乾かすだけで形になるショート・ボブ】と評され、【デザイン性】【再現性】【スタイル持続力】に特化したショートカットの技術で、絶大な支持を得ている。2021年6月に木村直人さん、田中亜彌さんと新ブランド「devoted」を立ち上げ現在に至る。

 

  ライフマガジンの記事をもっと見る >> 

  re-quest/QJ navi DAILY  Instagram

  re-quest/QJ YouTube

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング