カリブの真珠キューバで出会った不思議で暖かい人々。-旅人美容師、桑原淳の世界一周の旅コラムvol.12キューバ編-

2015.11.06

IMG_9731

 

「世界一周をしながら、1,000人カットする! 」

そんな夢を抱きながら旅する美容師、桑原淳(くわばらじゅん)さんの人気連載! 毎月ひとつの国を取り上げ、美容師目線で見たその国の文化や情勢、住む人の特徴や髪質、実際にカットしてみたエピソードなどを紹介します。

 

>バックナンバーはこちらから

 


 

こんにちは。旅人美容師の桑原淳です。

 

僕は現在、 “さまざまな国を周って1,000人カットする”という夢を掲げ、世界を旅しています。この度、好きな美容師をしながら、「ハサミ」一本でいろんな人に出会い、経験をしたことを、僕なりの解釈で紹介させていただきます。

 

IMG_9685

 

今回はカリブの真珠と呼ばれるキューバ共和国について書こうと思います。

 

キューバは、カリブ海の島国でドミニカ共和国やジャマイカが近くにあり、北にはアメリカのフロリダ州があります。人口は東京都より少し少ないくらいで、人々はスペイン語を話して生活しています。

 

他にもキューバといえばアメリカ大陸初の社会主義国家、そしてチェ・ゲバラのおこした革命などでも有名です。

 

僕は8月上旬にキューバを訪れました。まず向かったのは首都ハバナです。

 

IMG_9671

 

メキシコのリゾート地であるカンクンからわずか1時間ほどのフライトでついてしまうのです。カンクンからの往復だと200$以下で行けるときもあるくらい安い路線なのでおすすめです。(笑)

 

「めちゃくちゃ暑い」

 

空港で最初に思ったのがそれでした。中南米に位置するキューバはとても暑い国です。

 

真夏の日本みたいなもんでしょうか?僕はこの国で11日間を過ごしたのですが、いろいろと不思議な常識があり、とてもおもしろかったのです。

 

 

  キューバのとても面白いところその1  通貨が2種類ある!

 

IMG_9666

 

*CUC セウセやクックと呼ばれる観光客用に作られたお金で1cucの価値は日本円にして125円くらいです。

 

*CUP モネダや人民ペソと呼ばれるキューバ人用の通貨で、1pesoは5円。

 

政府によって通貨がわけられています。1cucは25pesoということになりますので、同じ1でも価値が全然違いますね。

 

基本的には観光客はcucを使うことになっているのですが、店によってはpesoを使うことも可能。逆にキューバ人もcucを使うこともあります。

 

面白いことに物によってはpeso表記になっていてたりして、基本的に価格設定がめちゃめちゃなのです。

 

例えば、レストランやスーパーで買う缶ジュースは1cuc(25peso)なのですが、ローカルのカフェテリアに行くと1pesoでフレッシュジュースが飲めます。

 

IMG_0021

 

他にも観光客向けレストランのランチは7cuc(175peso)程度するのですが、ローカルレストランでは30pesoほどで食べることができます。

 

あとはアイスは3peso、ピザは5peso…というように物によってはかなり激安な価格設定になっています。

 

ビールは缶で1cucから1.5cucが相場なのですが、トラックなどで移動販売しているビール屋さんに運良く出会えると激安ビールが買えます。ビーチなどによくいるそのトラックはどこかから運んできたビールをコップやペットボトルに入れて人々に売っています。

 

1.5リットルのペットボトルに並々入れてわずか8pesoとまるで天国のようですが、ただひとつ問題があります。

 

味が地獄のように激マズなのです。(笑)

 

 >キューバの美容室事情

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング