WAVY’Sの2人が指南! “今”ストリートで熱いメンズヘアって?

2018.06.28

 

メンズファッションはいま、ストリートスタイルがメインストリームへ移行中。その流れはメンズのヘアスタイル事情でも強まりつつあります。メンズ客の獲得を目指すなら、ストリートの動きをチェックしておかない手はありません。

 

そこで今回はストリート系のメンズ客に圧倒的な人気を誇るWAVY’Sへ。

 

代表の馬場一馬(ばばかずま)さんと、メンズヘアに特化したブランディングを打ち出している中川優也(なかがわゆうや)さんに、ストリートヘアの“今”を教えてもらいます。

 


 

インスタグラムでも人気! お客さまから支持されている3スタイルはコレ

 

自身もスケートボードを愛し、ストリートカルチャーの世界にどっぷり浸かる中川さん。集まるお客さまも、もちろんストリートカルチャーを愛する仲間たちが中心。そんなお客さまに人気のヘアスタイルを解説してもらいました。3スタイルの共通項は、「こだわりが見えないのに、こだわっている」点。こだわりポイントを探してみて。

 

0ミリスタートのフェイドボウズ

 

 

0ミリスタートでグラデーションをつけて刈り上げるボウズ系のスタイル。モデルのSOUSHIくんがしていることから、オーダーが多いスタイルです。この写真は0ミリスタートで、トップは12ミリで刈り上げています。黒人のラッパーたちのようにこめかみ部分に角をつくっているのもこだわりどころ。また剃り込みラインを入れて、アクセントをつけるバリエーションも提案しています。(中川さん)

 

トップを寝かせたナチュラルベリーショート

 

 

個人的にも今気に入っているのがこのスタイル。トップをあえて寝かせることで、頑張りすぎない雰囲気に仕上げたベリーショートです。サイドとバックの刈り上げはソフトに、ワックスで自然なツヤ感を加えて、外国人の“何もしていない髪”のような質感をつくるのがポイントです。キメキメなスタイルは恥ずかしいという人にも。(中川さん)

 

定番! 90年代風センターパート

 

 

前髪が長く、ネープレスなバランスのショートヘアは、年代問わず根強い人気です。前髪からサイドを耳上でボブラインにカットし、衿足は刈り上げ。バックのウエイトポイントをバックポイントか、それよりやや高めに設定しています。綺麗にまとめすぎずに、ざっくりかき上げただけのようなラフな雰囲気に仕上げるのがコツ。(中川さん)

 

>馬場さん、中川さんが語る、感度の高いメンズ客に支持される秘訣

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング