朝を制するものは、美容師ライフを制す!

2014.09.30

79254799

 

朝の脳はフレッシュな状態のため、「脳のゴールデンタイム」と呼ばれています。この時間を寝床でダラダラと過ごすのはとてももったいないこと。ぜひ美容師ライフやプライベートを輝かせるために使いましょう!

 


 

世界の成功者の多くは朝型だった!

 

夜遅くまで忙しく働くことも多い美容師には朝活なんて無理…なんて思っていませんか?アメリカの経済誌『Forbes』によると、英国元首相のマーガレット・サッチャー氏は朝5時起き、ディズニーのCEO ロバート・アイガー氏は4時起き。さらにハリウッド女優のグウィネス・パルトローも早起きをして朝ヨガをする習慣があるのだとか。忙しい成功者ほど、どうやら朝型のようなのです。

 

3_news_7_sub1

 

早朝の静かな時間は想像力を働かせるのにピッタリ。その日のスケジュールを立てて優先順位を決めておけば、始業後スムーズに仕事に取り掛かることができますよね。また、朝食をしっかり食べて、朝のジョギングやヨガなど軽い運動をしておけば、体にエンジンがかかり、エネルギー全開で仕事に打ち込むことができます。

 

一説によると、「夜3時間の残業でこなせる仕事の量と、早朝の30分でこなせる仕事の量は同じ」なのだとか。美容師の世界でも、朝早く起きてスタートダッシュを決める人と、夜ダラダラと夜ふかしする人とでは、大きな差が生まれると思いませんか?

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング