【就活中の方必見!】人気サロンの採用担当者が語る採用のポイント-AKROS編  -

2016.01.06

AKROS ロコ

 

就職を目指す美容学生や転職者に向けて、人気サロンの採用担当者が採用のポイントを語るシリーズ第二弾。採用担当者の赤裸々な想いが語られた初回の「GARDEN」編に引き続き、今回は「AKROS」の採用担当者である村田純子さんに直撃します。

 


 

一人の社会人として当たり前のことができているか

 

-新卒者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか。

 

AKROSは、美容学生としてではなく「一人の社会人として」という視点で候補者を見ているので、美容師としての格好よさやオシャレさよりも、社会人として当たり前のことができているかを見ています。最近、新卒・中途にかかわらず、「履歴書に写真が貼られていない」「証明写真ではなく自分で撮影したものを切り貼りしている」「志望動機が全く書かれていない」といったことが本当に多く、「この子たちは本当に大丈夫だろうか」と思ってしまうことが多々あります。

 

それから、なぜAKROSを選んだかという志望動機を重視します。AKROSでなければいけない理由がきちんと書いてあると、本当に入社したい気持ちが伝わってきます。逆にただ単に「有名サロンだから」「AKROSは日本一、世界一を目指しているから」という意見は「そこしか見えていないのかな」と感じてしまいます。AKROSの採用審査はかなり厳しいですが、その分新卒で採用したスタッフはほとんど辞めないです。

 

-中途の応募者に対しては、選考時にどのようなポイントを重視していますか?

 

やはりサロンを転々としていたりすると気になるので、面接では以前のサロンでの働き方やそこを辞めた理由を必ず聞きます。辞めた理由として「なんとなく嫌だったから」「こんな先輩が嫌だったから」「働く環境がしんどかったから」といったことを挙げる人がいると、どんなサロンに行っても同じことを思うのかなと感じてしまいます。

 

素直な自分を出せる子は自分の言葉で語ることができる

 

-採用担当者として思わず好印象を抱くポイントについて教えてください。

 

新卒・中途問わずですが、きちんと挨拶ができるということです。最近は「よろしくお願いします」も言えなかったり、こちらから挨拶をしないとしてこなかったりという子が多いので、本当に社会人としてできて当たり前のことができる子であれば良いです。

 

それから自分を作らず、ありのままの姿で向き合ってくれる子にも好印象を抱きますね。「格好よく見せよう」「好印象を与えよう」と計算するよりも、素直な自分を出した方が自分の想いを自分の言葉で語ることができますし、それは採用担当者にも伝わると思います。

 

-採用された方に共通している点はありますか?

 

礼儀正しいこと、素直なこと、そして謙虚であることですね。最近応募してくる若い子たちのなかには俺様気質な方が多くて、彼らは「俺はこんなに格好いいから入れるはず」「自分は読者モデルをやっているから入れるはず」と猛烈なアピールをするのですが、AKROSに関しては読者モデルをやっていることで審査が有利になるわけではないので、結果的に人としてちゃんとしている人が採用されています。

 

>「上から目線」でいると人への感謝ができない

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング