人気サロンの採用担当者が語る採用のポイント「MINX」編

2016.04.04

20160322_minx02

 

人生を決める大切な1日は100%で臨んでほしい

 

-採用審査の段階で「これはちょっと…」とマイナスな印象を抱いてしまうポイントについて教えてください。

 

面接のような自分の人生を決める大切な1日だけでも、100%の状態で臨んでほしいですし、美容師は見られる仕事でもあるので、手抜きを感じるファッションやヘアメイクは非常に残念に思います。

 

それから、履歴書の字が汚いのもマイナスポイントですね。綺麗な字を書くことが得意じゃなくても、頑張って綺麗に書こうとしたのか、なんとなく書いたのかは見るとわかるので、面接に挑む準備として備えていてほしいと思います。

 

-早期退職された方に共通している点はありますか?

 

決して仕事ぶりが悪いわけではないという点ですね。むしろ美容学生時代は優等生タイプだったり、先生に可愛がってもらっていたりしていた子が多いと思います。審査でも紹介文がついてくるし、突出したモチベーションを持って入ってきます。

 

ただMINXにはそうしたレベルの高い子が全国から入ってきますし、周りから期待されてプライドを持って入社しても、入社1年目で自分の存在意義や立ち位置を感じるのは難しいことです。それでもやる気のある同期は朝も夜も休日も練習をする。そんな環境のなかで、初めて周囲に埋もれる経験をすると、「自分はこんなはずじゃなかったのに」と挫折してしまうのかなと思います。

 

笑顔の良さ×店のテイストに合っているかどうか

 

-採用残り枠1名に対して最終候補者が2名。最終的に何が採用の決め手になりますか?

 

最終的に残った2人ならば、どちらを取ったとしても間違いではないと思うので、まず、どちらの笑顔がより素敵なのかなというお客さま目線で選ぶと思います。

 

それからどちらがお店のテイストに合っているかですね。MINXは店舗ごとに客層が異なるため、当然採用される子も原宿店と銀座店ではタイプが全くことなります。ですので、お客さまがお店に求める価値をその子が一緒になってサポートできるかというところを判断基準にすると思います。

 

>興味のあることにがむしゃらに打ち込んでみてほしい


Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング