“ボーダーの人”作戦で、絶賛キャラづくり中! —FLOWERS 柳 絵美子さんの「このサロンで働く理由」

2018.04.02

 

次世代のサロンリーダーを期待される若手スタイリストに聞く「このサロンで働く理由」。今回は浦さやかさんや蓮間衣里(はすまえり)さんなど、個性溢れる女性スタイリストを輩出している東京・表参道のFLOWERSへ。スタイリスト2年目の柳 絵美子(やなぎえみこ)さんの「働く理由」を伺います。「30歳までには自分にしかない美容師像をかためたい」と、試行錯誤中の柳さんが今試しているのは “ボーダーの人”というキャラづくり。そこにはどんなねらいがあるのでしょう?

 



美容学校入学当時はギャル系でした


美容学校生の頃は、絶対に有名店で働きたいと思っていたわけではありませんでした。それどころか表参道、原宿エリアの、いわゆる有名美容室についてよく知りもしませんでした。私、美容学校生になったばかりの頃は、ちょっとギャル寄りのテイストで、しかもヘアメイク志望だったんです。読んでいる雑誌もギャル雑誌。表参道や原宿よりも、渋谷のほうが親しみがあるタイプでした。

学校に通ううちに、友だちの影響や、ギャル系の雑誌でも原宿エリアや古着をミックスしたスタイリングが取り上げられようになったりして、だんだんと原宿方面に目が向くように。同じように美容師を目指す友人たちにの影響で美容室で働くのもいいかもと思い始めた頃に、就職活動の時期がやってきました。

 

Cap 美容学校入学当時ギャル系だった頃のプリクラ

 


理想がなかったから、忙しさも当然だと受け入れられた

 


FLOWERSは就職活動中に何店舗か見て回った中で、唯一自分が働いている姿を想像できた美容室で、直感でここを受けることを決めました。働く先輩たちの雰囲気はもちろん、なにより少し個性的だけれど、みんなに受け容れられるかわいいスタイルを提案しているところに惹かれたのだと思います。もとはギャル系ではありましたが、もとから「人とかぶるのは嫌」というタイプだったんです。

アシスタント生活は例に漏れずハードなものでした。特にうちは撮影やセミナーが多く、モデルハントもたくさんしないといけなかったので、忙しかったですね。でも、大変とか辛いとかという感覚は全然なかったです。「これが当たり前なんだな」という感じでした。たぶん自分の中に理想のアシスタント像がまったくなかったのがよかったんだと思います。現実と理想のギャップを感じずに、ただシンプルに、「今ここでやるべきことをしっかりやろう」という気持ちで日々過ごしていました。

 

>超個性派な先輩、浦さやかさんとの出会いがもたらしたもの

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング