意外とみんなやっている!? 美容師の副業事情

2016.02.29

ThinkstockPhotos-462805245

 

技術ランクにもよりますが、まだまだお給料が潤沢とは言えない時期もあるのが美容師。そんなとき、“副業”に頼る人も結構いるのだとか。そこで今回は副業をしている美容師さんに“どんな副業をしているのか?”“副業をするメリット・デメリットは?”などなど気になる事情をアンケート調査してみました。

 


 

美容師ってどんな副業をしてるの?

 

副業もいろいろですが大きくは2種類。

まずは軽作業や飲食、コンビニなど美容関連以外のお仕事。これは時間や日程に融通が利いたり、手軽にはじめられるということが決め手のよう。

一方で美容業に関わる副業には、派遣美容師やヘアメイクのお仕事があります。ヘアメイクのお仕事はキャバ嬢のセットアップやブライダルセット、成人式などさまざまな需要があります。美容師の技術をフルで活かせるお仕事として、副業経験者の半数以上が体験していました。本業も、副業も美容! やっぱり美容師は美容が大好きなんですね。

 

ちなみに、アンケートで目についたのは、キャバクラやガールズバーなどのナイトビジネス系を副業として経験している美容師も噂どおり(?)いる模様。短時間で高収入というメリットもありますし、同じ接客業として“話し上手”という特性が活かせるということもあるようですよ。

 

 

副業を始めた理由は?

 

なぜ美容師が副業を考えるのか?

1つにはやはりお給料の少なさ。特にまだ給与の少ない時期は「数万円でも助かる!」というのはみんな納得してしまうところ。他にも「独立などの資金を貯めたい」という理由もちらほら。中には「他の業種に興味があってやってみたかったから、おこづかい稼ぎのついでに」なんて美容師さんもいるようです。

もう1つの理由は「美容師としてのスキルアップをしたい」というもの。ヘアメイクのスキルを向上させたいという意見が多く、ヘメイクへの興味の高さがうかがえますね。他にも「自分の働いている美容室以外の美容室でいろいろな技術や運営方法などを習得したい」という高モチベーションの美容師さんもいましたよ。

 ThinkstockPhotos-484426913

 

副業のメリット・デメリット

 

忙しい美容師、副業をすればいいことも悪いこともあります。メリット・デメリットをまとめてみました。

 

【メリット】
・いろいろな技術を習得することができた
・勉強になった
・所得が増えた
・人脈が増えた
・若い世代のお客さまがたくさんできた

 

【デメリット】
・疲労
・自分のプライベートがなくなった
・本業中筋肉痛でつらかった(副業が肉体労働だったため)

 

メリットで一番多かったのは“人脈が増えた”というもの。ヘアメイクや派遣美容師などで他の美容室で働くことは、いろいろな人と知り合う機会を増やします。その人脈を今後の美容師人生に活かせることが最大のメリットと感じているよう。また、副業をする理由にもあった“技術の習得”をメリットと感じる人も多いですね。
デメリットについては、実は予想に反して“特にない”というのが大半。目的をもって副業に挑んでいるので、多少のことはあまりデメリットに感じないのでしょうか。疲れなどで本業に差し支えないようにはしたいですね。

 

ThinkstockPhotos-167467072

 

 

サロンの許可は?確定申告は?

 

副業をするに当たって、勤めているサロンに許可を取っていた人は1割程度。「年に数件だけだから」なんてこともあるようです。

そして確定申告については・・・あまり申告していないようです。「マイナンバー制度が始まって副業がこっそりできなくなる」なんて話もあります。追徴課税などされないように、今のうちにしっかり調べて申告できるようにしておきましょう。

サロンに対しても「自分の将来のため!」「技術のため!」という前向きな気持ちを伝えて、許可がもらえるとすっきり副業できますよ。

 

 

美容師の副業事情を調べたところ、やっぱり美容師は向上心の高い職業であることが判明。サロンの許可や確定申告など、手続きがしっかりクリアできれば、技術や接客術の向上にも一役買ってくれそうですね。

 

(取材・文/QJナビ編集部)

 

  取材協力

美容師派遣サービス

リクエストQJキャスティング

www.qjnavi.jp/casting/

 

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

 

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング