珠実の¥マーク 第1回「フリーランスになったが収入が安定しない」ー相談者 田中亜彌(32)さんー

2018.06.19

 

5月から始まりました、女性美容師のための『お金』や『キャリアアップ』の相談窓口こと、「珠実の¥マーク」。「女性美容師はもっと稼げる! もっと稼ぐべき!」を合言葉にQJナビDAILYで女性美容師さんのキャリアとお金の相談にのっていきます!

 


 

プロフィール

珠実(たまみ)

フリーランス美容師・ヘアメイク。ロリィタファッションなど、個性と原宿ファッションを連動したスタイル提案を得意とする。2015年独立。2017年から原宿以外でも札幌まで活躍の場を広げている。2018年よりGO TODAY SHAiRE SALON取締役就任。

 

今月のゲストはお名前など公開OKとのことで、とってもリアルなお話ができました。

今回のお悩み女性美容師は田中亜彌さん。珠実と同じGO TODAY SHAiRE SALONで働いている方です!

 

プロフィール

田中 亜彌さん

東京都出身。スタイリストデビューが早いことに魅力を感じて千葉県浦安のサロンに就職。12年間の正社員雇用を経て、フリーランスになり活動拠点を原宿へ。以前の美容室では自分らしく発信をしたりするワーキングスタイルが実現できず、個々のやり方で成功している美容師が多いシェアサロンを選ぶ。

 

                                          

  お悩みはこちら  

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・正社員から一転、フリーランスに。東京都心へ移転。エリアが変わったこともあり、売上(収入)が少ない

・自分のウリがわからない(思ったより集客できない)

・年齢的な将来への不安(プライベートの充実も欲しいけど、今は自信がない)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

です! 興味がある方…多いんじゃないですか〜?

 

 

ではみなさん。アラサー女性の平均月収はいくらくらいだと思いますか。

 

女性の正規雇用*・平均年収は20代〜40代で300万円前後と言われています。美容師さんにわかりやすいように12カ月で割ると、1カ月25万円もらう計算です(税引き前)。

 

ちなみに20代=40代<30代、というデータです。

(つまり30代が1番の稼ぎどき。統計上の話ですけどね)

※平成27年国税庁民間給与実態統計調査結果参照

 

女性にとっての稼ぎどきは、男性とは大幅に違ってくるのです。要因としては、出産・育児による負荷が大きく考えられるかと思います。

 

そして美容師さんとなるといかがでしょうか。30代で月収25万円の美容師さんは「美容師としてはたくさんもらっている」って感じていませんか?

 

しかし世の中の女性と比べると、どうでしょうか?  私は手に職を持つ者として、そして、ライフイベントによって収入が変わりやすい女性だからこそ、稼げるときにもっと稼いでいくべきだと思っています。「美容師としてはまあまあ稼いでいる」を目指すのではなく、もっと視野を広くして、見直してみませんか?

 

田中亜彌さんのお悩みを通して今よりも収入を増やすヒントがあればと思います。

 

ちなみに、正規雇用=正社員、です。契約社員、アルバイト、パートetc雇用形態は人それぞれです。

 

いま美容師の間で、正社員の給料が低い、フリーランスの方が儲かる、といったお話がささやかれていますが、必ずしもそうとは思っていません。正社員雇用がいい、わるい、というお話ではないと思っています。ただし、自分がどういった雇用形態であるかは、非常に大切なのでよく知っておいた方がいいですよ。

田中さんはフリーランス。私と同じ、「個人事業主」と呼ばれるどこのサロンにも属さない働き方です。

 

>¥マークコンサルStart!!

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング