珠実の¥マーク第4回 「なんとなく美容師が楽しくて、 目標や数字を具体的に意識したことがない!」〜相談者・陽己(32)さん

2018.09.26

 

「お金について」。みなさんは考えたりする時間はあるでしょうか。

私はこの連載だけではなく、よく考えています。自分のこと、サロンのこと、はたまた周りの美容師さんのことも。

それはネガティブなイメージではなく、とても明るく建設的なイメージなのですが、みなさんはいかがでしょうか?

 

「自分の給料明細はだいたいしか見ていない」「自分のサロンはどんな歩合がつくのか知らない」…そんな方は一度、私に会いにきてください。一緒に勉強しましょう。東京:原宿のGO TODAY SHAiRE SALONにおります(笑)。

 

冗談はさておき、みなさんは毎月の指名売上の目標はあると思います。ですが、月収の目標はお持ちでしょうか。それはいつまでに達成する目標でしょうか…? 今回は、女性美容師は「稼ぎたい!」と思うことがまず大切、というお話です。だって自分の特徴や環境を生かせばもっと稼ぐことができるんですから。

 

プロフィール
珠実(たまみ)
フリーランス美容師・ヘアメイク。ロリィタファッションなど、個性と原宿ファッションを連動したスタイル提案を得意とする。2015年独立。2017年から原宿以外でも札幌まで活躍の場を広げている。2018年よりGO TODAY SHAiRE SALON取締役就任。

 

 今回のお悩み女子は陽己(ハルキ)さん。秋葉原の美容室『OFF-Kai!!』オタクによるオタクのためのサロンに勤める唯一の女性スタイリスト。趣味はコスプレ。好きな作品は『艦隊これくしょん~艦これ』。8月にあった夏のコミケでは自主制作の写真集を販売する、「女性コスプレイヤー美容師」です。

 

 

プロフィール
OFF-KAI!! スタイリスト 陽己(ハルキ)

高校卒業後、都内2店舗で美容師として勤務後、婚礼のヘアメイクとして活躍。2017年12月よりOFF-KAI!! のスタイリストとして勤務開始。ヘッドスパなどリラクゼーション系の施術が得意。コスプレイヤーとしても活動中。

 

今回のお悩みはこちら〜

 

なんとなく美容師が楽しくて、

目標や数字を具体的に意識したことがない!

 

〜現状に満足せず、お客様を増やすコツ〜

 

 

 勤めているサロンにお金のことを申し出るのはちょっと遠慮しちゃう、その気持ちも十分わかります。私もそういう時期がありました。では、サロンにとっても、自分にとってもハッピーなことって何でしょうか。

答えはシンプルです。それは、お客さまが増え、美容室の収益が増え、自分の稼ぎが増えること。だから“稼ぎたい”と考えることや、サロンでお金のことを話すのはタブーでもなんでもないんです。

 

>秋葉原のオタク美容室で働く陽己さんのお悩みは?

 

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング