女子力高めアイテムで、東京というヒマラヤにアタック! —美容師のカバンの中身ALIVE 西川礼一さん

2018.06.21

 

気になるあの人のカバンの中身を見せてもらう、シリーズ「美容師のカバンの中身」。今回は今最も注目されている若手経営者の1人、ALIVEの西川礼一(にしかわれいいち)さんのもとへ。

 

外部の仕事も多いから「きっとお仕事のアイテムがいろいろ…」と思っていたら意外や意外、カバンの中には絞り込まれた身だしなみアイテムがほんの少し。この東京で生き抜くことを「過酷なヒマラヤへのアタック」と例える西川さんの“持ち物学”は、経営者としての哲学にもつながっていました。

 


 

「荷物が多いやつはアホやで!」という言葉が腑に落ちて

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

・乳液 ・リップ ・香水 ・ロキソニン 

・ガム ・財布 ・充電器 ・イヤホン

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

以前テレビで芸人の千原せいじさんが言っていたんですよね。「荷物が多いやつはアホやで!」って。それがすごく腑に落ちて、そのときからなるべく荷物を少なくするようになりました。

 

それまではいつも大きいリュックを背負っていて、どこへ行くのでもパソコンが欠かせなかったタイプ。だけど、よく考えると大抵のことはスマートフォンでやっていて、外出先でパソコンを使うことがほとんどなかったんですよね。しかも荷物が重いせいで、肩こりになっちゃって(笑)。

 

今、カバンに入れているのは、自分にとって外せない物だけです。ヒマラヤにアタックするときの装備のようなもの。

 

ヒマラヤに登るときってとにかく荷重を減らさないといけないから、荷物を減らすことに頭を使うっていうじゃないですか。それと同じです。人生というヒマラヤにアタックするための、必要最低限の装備なんです。先日大阪に出張に行ったのですが、そのときもこの荷物をウエストポーチに移し替えただけで行ったら、みんなに驚かれました。

 

 

この中で特に僕の命といえるのが、リップと乳液です。

 

敏感肌なので乾燥するのがすごく嫌なんですよね。口周りが荒れやすいので、ごはんを食べに行ったりして口周りを拭ったあとなどは、必ず乳液をつけています。リップはメンソレータム、乳液は極潤ヒアルロン酸と決まっていて、これは小さなこだわりです(笑)。香水は普段つけていないけれど、念のため。いつ「いざ」というときがあるかはわからないですからね!

 

今はもう大抵のことがスマートフォンでできてしまいます。WEB関係の仕事も、SNSの発信などはアプリを使う作業のほうが多いので、パソコンでできることのほうが限られているくらい。

 

だからスマートフォン以外に持ち歩くのは、自分の心地よさや身だしなみをキープするものだけで十分じゃないかなと思っています。

 

>PICK UP ITEM! そんなわけで、NO ITEM

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング