【Vol.2 M・A・C】#バズりコスメ さえあれば、なりたい顔になれる!

2021.06.07

 

SNSの台頭で、バズるコスメが急増中。話題のコスメは一時店頭から消えてしまうことも!? でもせっかく買っても使いこなせずマンネリになってしまうことありませんか? バズりコスメはバズるだけの理由があるんです! 多彩に、そして自分のなりたいイメージに寄せて使うことができるんです。

 

ヘアサロン・LECOに所属しながらもヘアメイクとして活躍するコスメ好き美容師・浅野絢美さん自身が描き下ろしたイラスト付きで、2パターンのメイクを提案。

 

今回はM・A・Cのダズルシャドウ リキッド フラッシュ アンド ダンスを使用しました。

 


 

上品な輝きの、夏にぴったりな“最強ラメ”

 

 

 

M・A・Cのダズルシャドウ リキッド フラッシュ アンド ダンス 3,190円(税込)

 

M・A・Cのダズルシャドウ リキッド フラッシュ アンド ダンス。“最強ラメ”と呼ばれるほど、コスメフリークから高い人気を集めるアイテム。ラメなのに落ちにくく、ピタッと密着。そして上品な輝きでこれからの季節にぴったり。

 

密着度が高いため、アプリケーターから直接塗るのがおすすめ。

存在感があるから、少量のポイント使いで目元にワンアクセントを入れることができる。マット系アイシャドウと好相性。

 

今回はこのアイテムを使って、初夏にぴったりなラメで作るベイビーフェイスメイクと目にインパクトを加えた70’メイクを紹介。

 

※ブランドの表記のないコスメは私物です。

 

 

デイリーにおすすめのベイビーフェイスメイク

▼AYAMI’s MAKE RECIPE

 

 

 

〈メイク〉

薄めのマットピンクのアイシャドウをアイホールに広げ、目頭にピンクパールのアイシャドウをくの字に入れる。

 

ダズルシャドウ リキッド フラッシュアンドダンスを目頭の黒目の部分までにトントンとON。ここに光が入り、目の輝きを一層際立てます。

 

下まぶたの目尻に少し濃いマットピンクのアイシャドウを入れる。そしてアイブロウにも同じ色のピンクをサッと重ねて、垢抜け眉に。

 

頬にふんわりピンクチークを、そしてリップはスムージーピンクのリップにクリアピンクのグロスを重ねてピュア感をプラス。

 

 

〈ヘアワンポイント〉

バームなどで、ナチュラルなツヤ感を出す。ミディアム〜ロングも作り込まない自然なスタイルでOK。

 

アプリケーターをポンポンしながら、少しずつラメを重ねていく。

 

目の印象を強くする、70’sメイクで気分をアップ!

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング