絶対に巻く癖毛vs絶対に伸ばす縮毛矯正  美容界のほこたて対決、勝つのはどっちだ!?

2017.11.22

 

超がつくほどの癖毛で何人もの美容師を泣かせてきたお笑いコンビ地球のマグ万平さんと、メニュー価格10万円の縮毛矯正「KIWAMI」で数々の癖毛で悩む女性を救ってきたROYSの佐伯さん。「絶対に巻く癖毛芸人」と「絶対に伸ばす縮毛矯正の匠」を戦わせたら、一体どうなるのか? お互いのプライドを賭けた絶対に負けられない戦いが今はじまる…!

 


 

世の中にはこんな癖毛もいると思い知れ!

 

 

ぐるぐる巻く癖毛が原因で、不遇な少年・青年時代を過ごしてきたマグ万平さん。「若手コンビ地球が語る『くせ毛悲話』と『刈り上げ論』 」で悲しい癖毛エピソードをお聞きし、QJナビ編集部は不謹慎にも「マグ万平さんと縮毛矯正の匠をガチで戦わせたら面白いかも…」とネタを温めておりました。そして今回、10万円の縮毛矯正「KIWAMI」を展開しているROYS佐伯氏にオファーし、夢の対決(?)が実現することに…! 対峙した瞬間から、火花バチバチです!

 

 

万平さん:この話をもらったときにね、ホントに大丈夫かなと思ったんです。僕のせいで、ROYSさんの看板商品、「KIWAMI」が使えなくなっちゃうんじゃないかって。

 

佐伯さん:ほほう…。

 

万平さん:昔ね、美容師の友達から「ヘアアイロンで癖毛、伸ばしてあげるよ」って言われて、お願いしたんです。「これで癖毛とおさらばできるかもしれん」とそのときは思いました。

 

アイロンのおかげで真っ直ぐになったんです。「やった!」と思った。でもその帰りに道に夕立に降られてびしょびしょに。家について濡れた髪をタオルで拭きながら鏡を見たら、家を出る前と何一つ変わっていない、ぐるぐる癖毛の僕がそこにいた。こうして僕はダークサイドに堕ちていったんです。もう誰も信用できない…いや、信用してやるもんか!と。

 

まあ、世の中にはこんな癖毛もいるんだってことを思い知ってもらえればと思います。

 

癖毛キャラに未練はないんだな?

 

 

佐伯さん:ご心配ありがとうございます。というか、僕も本当に万平さんの癖毛伸ばしちゃって大丈夫かな?と思っていたんですよ。もう癖毛芸人じゃなくなっちゃうので。 

 

万平さん:え、ひょっとして、僕の癖毛が伸びる前提で話をしてます?

 

佐伯さん:昔、テレビの企画で「ストレートになりすぎたので戻してください」って言われたことがあって。あとでクレームとかやめてくださいよ?

 

万平さん:公園を歩いているときに、セミが森と間違えて飛び込んできたことがある髪ですよ! 飛び込んできたセミが絡んで身動きできなくなる髪ですよ! 僕の髪をなめてもらっては困る。あなたは森と戦う覚悟があるっていうんですかっ!

 

佐伯さん:はいはい。「伸ばしすぎてどうしよう」って心配しなくてもいいってことですね。じゃあカウンセリングしましょうか。

 

>癖毛歴33年×施術歴20年のバトルが始まる

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング