髪質改善の答え。ヘアケアシーンをリードする逸材が語る「求められる美髪Logic」。宮本栄一nex、川端康平Adele、田村タムgite

2022.01.12

 

写真左から、ダニエルこと川端康平さん、宮本栄一さん、田村タムさん

 

ここ数年で世の中に爆発的に浸透し始めた「髪質改善」。若い世代からシニア世代まで健やかな艶髪を求める女性が増え、それに対応する形で「酸熱トリートメント」をはじめとする商材が登場。SNS上でも盛り上がりを見せている。そんな中、髪質改善で頭角を現した若手3人による対談を決行。Dr.ダニエルこと川端 康平(かわばた こうへい)さん、田村タム(たむら たむ)さん、宮本栄一(みやもと えいいち)さんが発信する髪質改善のあれこれについて紐解きます!

 


 

「髪質改善」を強みにした理由とメリットについて

 

ダニエル:今はお客さまが髪質改善を選ぶ時代ですよね。みんなSNSで目が肥えていて、この写真で髪質がわかるの?と驚くような細かいところまでチェックして、美容師を選んでいるんです。いろいろ学んできましたけど、もっと専門的に改善について対応できなきゃいけないなと思ってシフトしました。みんなはどうですか?

 

 

宮本:僕は学生の頃からケミカルを叩き込まれて、もともと好きだったんです。ただ、パーマもカラーもカットも好きで。スタイリストになってから自分の強みを作りたいなと思っていたときに、ダニエルさんのインスタがちょうどデザインカラーでバズっていて、やっぱり特化することは必要だなと感じたんですよ。そういえば若くて髪質改善や縮毛矯正を打ち出している人がいないなと思って、そこからブルーオーシャンに飛び込みました(笑)。

 

田村:僕は縮毛矯正に特化したお店で働いていて、正直あまり矯正が好きじゃなかったんですね。カラーがやりたくて僕だけ毛束を染めまくっていたんですけど、カラーをしている人の髪がバサバサなのが気になって。酸熱トリートメントが登場して、お店がそれをすぐ導入したので、商材がいっぱいあったんです。それを使って実験しまくっていて、気づいたら完全にこっちの人間になっていました(笑)。

 

ダニエル:髪質改善は、露骨にお客さまが喜んでくれるから嬉しいですよね。

 

田村:そう。みんな目がめっちゃキラキラします。

 

 

宮本:髪質改善とか縮毛矯正は、プロが見てもお客さまが見ても、結果がはっきり分かる技術なんですよね。そこは双方にとって楽しいところかなと思います。

 

田村:カラーだと美容師によって色味が全然変わってきますしね。髪質改善は髪を綺麗にするという正解が決まっているから、とりあえずそこを目指せる。ゴールがひとつというのは、めちゃくちゃやりやすいなと思います。

 

 

どんな悩みを抱えたお客さんが多い?アプローチ法は?

 

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング