アナタのNG行動は見られている!? 独立前に知っておくべき「お金」のこと

2017.12.26

自己資金の「調達方法」も大事!

 

※自己資金:返済義務のないお金、通帳で確認できる現金のこと

 

自己資金をどうのように調達したのかも見られるポイント。
例えば同じ100万円でも、コツコツと貯めてきた場合と、宝くじで得たお金の場合では、貯めるために行った努力が違います。金融機関は、貸したお金を回収しなければいけませんから、返済の確実性を重視します。前者のほうが融資を受けて独立したとき、計画的な経営を行なって、「コツコツ返済してくれる人」と判断されやすいのです。

コツコツと貯金してきたことの裏付けとして、記帳した通帳を保管し、貯金額の経過を示せるようにしておくといいかもしれません。

審査では創業までのお金の使い方や貯め方まで、経営者としての能力や信用が試されます。もし独立を考えているなら、今のうちにコツコツお金を貯めたほうが賢いかも。


自己資金の額で融資額が大きく変化!

 

 

例えば、最初の自己資金が100万円の人と、300万円の人では、受けられる融資の額が変わります。それは自己資金が多いほうが、開業後に当初の計画より売上げが下がっても、それを補う能力があると判断されるから。もちろん、事業計画の内容にもよりますが、融資を受けた人からの情報によれば、自己資金の倍額が受けられる融資の相場と言われています。

簡単に例を挙げると、

・自己資金100万円の人の場合
融資:200万
開業資金(自己資金+融資)=300万円

・自己資金300万円の人の場合
融資:600万
開業資金(自己資金+融資)=900万円

つまり、自己資金が200万円違うだけで、開業資金は600万円もの差が出るのです。
開業資金が300万円か900万円かでは、できることもまったく異なります。まずは自己資金を着実に増やしていきましょう。

 

大きな額を借りるためには、信用と計画を前もって自分でつくることが大切。納期を守った日頃の支払いと、コツコツ積み重ねた貯金の見える化が必要です。うっかりしがちなことも、実は見られてしまうのが審査のとき。「後で払えばいいか」など、気の緩みも大敵です! 独立までに日々、しっかりと準備を進めましょう。

 

技術力や店舗運営のノウハウを身につけておくことは大切なこと。美容師としての実績も、審査のときに信用をみる重要なポイントのひとつです。日々、個人の売上げをメモしておくなど、実績を目に見える資料として残しておくと、審査に役立つことも。

日頃から自分のスキルや成果を、ノートなどに記録しておくことで見えるようにしておきましょう!

 

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング