美容師お宅訪問 第5回 家の中に光り輝く森がある! パリジェンヌ美容師MARIANNEさんのお部屋は、ただそこにいるだけで元気がわいてくる不思議な空間

2018.08.10

 

センスが問われる美容師という仕事。サロンではかっこいいけど実際のライフスタイルもオシャレなのでしょうか? センスのよい美容師さんにお部屋を見せていただく「お部屋拝見」の企画も今回で5回目。

 

美容師お宅訪問シリーズ>>

 

Maison MarianneのMarianneさんにお願いし、お部屋に案内していただきました。まるで森の中にいるような素敵な空間をぜひご覧ください!

 


 

住んでいるのは表参道! 職場からの近さが決め手に

 

▼Marianneさんのお部屋のプロフィール

 

場所: 東京都渋谷区神宮前

広さ:2LDK

居住年数:約2年

 

 

表参道に住んでいるのは、私の職場と夫の職場の両方から近いからです。ちょうど新築のタイミングで入ることができて、とてもラッキーだったと思います。

 

Maison Marianneはガラス張りで光がたくさん入るヘアサロンですが、この家も同じように大きな窓がたくさんあるので、太陽のリズムと同じように暮らしている感覚で過ごしています。太陽が昇って、その光で起きると気持ちのスイッチも入るんですよ。

 

私はフランスのパリで育ったのですが、パリの実家もとても明るい雰囲気で、お庭ではたくさんの植物を育てています。今の部屋も、生まれ育った環境の影響が大きいと思いますね。だから、窓がいっぱいあるし、植物もたくさんあるんです。

 

部屋の中はまるでワイルドフォレスト! 夜にはライトアップも

 

 

この日はマリアンヌさんのお誕生日ということもあり、卓上にもたくさんのお花が

 

 

家の中でたくさんの植物を育てているのは、夫の影響もあります。夫は建築関係の仕事をしていて、自然と調和している建物を好んでいます。都市部で暮らしていると、なかなか自然と触れ合うことができないけれど、私はMaison Marianneと自分の家で、植物と一緒に生活しています。家の中だけれど、ワイルドフォレストのなかにいるような気分になれるんですよ。

 

Maison Marianneにも植物がたくさんあるので、ときどきこちらにあるものと入れ替え作業もしています。植物の枝から根が生えてきたり、サロンにある元気がなくなった植物を家で育てたら元気になったりするので、単純に植物との暮らしはおもしろいです。植物の手入れはラクではないけれど、赤ちゃんのお世話と一緒だと思っています。

 

娘のベーベちゃんのベッド。取材した日は保育園にお出かけ中でした。

 

 

ちなみに、部屋の中でクラゲも飼っています。夜には植物と一緒にライトアップしているので、ふわーっと幻想的な雰囲気になりますよ。

 

サロンにいるときも、家にいるときも、同じような気持ちで過ごす

 

 

ファッションは素敵なのに、部屋がすごく汚れていたり、臭いがする人もなかにはいます。見た目は華やかなのに、日の当たらないくらいお部屋で暮らしている人もいるかもしれません。もし、美容師さんのお部屋がぐちゃぐちゃだったとしたら、お客さまが不安になってしまいますよね。

 

たくさんある建築やアートの本もインテリアの一部に

旦那さまが小さいころに集めていた筋消しさえもここにあればアートのように。

 

そのためにも、清潔で快適な部屋に住んだほうがいいと思います。自然が好きなら自分だけのお庭をつくってみるのもいいでしょう。疲れているので休みの日は寝てしまうという人は、ベッドや寝具をいいもの変えたり、心が休まる空間をつくったり、いろいろ工夫することをお勧めしたいです。

 

 

私はよく「いつどこで会っても笑顔で、ポジティブで、エネルギッシュだね」と言われます。サロンでも家でも裏表がないところが、お客さまに慕っていただける理由なのかもしれません。

 

>マリアンヌさんが一番お気に入りの家具は?

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング