リクエストQJ運営の美容師・美容室の求人サイト
QJナビ(キュージェイナビ)

求人情報更新

答え方次第でお客さまの信頼度が変わる! 「今、何が流行っていますか?」への売れる美容師の対応術&春のヘアトレンド提案法

trend_1

 

お客さまに「今、何が流行っていますか?」と聞かれたとき、どんな人にも同じ答えを返してる? 自分がすすめたいヘアを伝えてる? 実はこの質問への答え方に、売れるか売れないかの境界線があるのです。今回はお客さまからの信頼度抜群の3人の美容師に、この質問に答えるときの大切な視点を聞きました。さらにやっぱり気になる、春のヘアトレンドについてもヒアリング! これで今春のヘア提案はばっちりです。

 


 [質問]

お客さまから「今、何が流行っていますか?」と聞かれたとき、どのように答えていますか? そして、そのように答える理由はなぜですか?


 

K-two AOYAMAディレクター・木村亜沙美(きむらあさみ)さん

 

「まずは情報として全体的なフォルムやレングス、質感などをお伝えすることが多いです。

そのうえでお客さまの年齢やテイストに合ったトレンドをお答えするようにしています。

 

たとえば大人の方にはふわっとした内巻きボブが人気でも、若い方にはタイト&ウエットな外ハネヘアが人気だったり。今は年齢やテイストによって流行が異なるので、その方の背景を見極めてお答えしないと、受け入れてもらえないからです」

 

 

GARDEN Tokyo副店長・津田恵(つだめぐみ)さん

 

「その方のストライクゾーンの中で。今のヘアスタイルから何かが変わるなと感じられるヘアスタイルをお答えするようにしています。

 

お客さまが好きなテイストに近い提案をすることで、私の好みをわかってくれているという安心感を与えたいのと、こういう質問をするときは今のヘアに少し飽きているのかもしれないので、変化を感じるものをおすすめしています。

 

またお客さまとテイストが違ったり、好きではなさそうなトレンドも、“おまけ”みたいな感じでお伝えはしています。ヘアやファッションのトレンドについて、しっかり勉強していることが伝わるかなと思うので」

 

 

Belle代表・堀之内大介(ほりのうちだいすけ)さん

 

「ファッションのトレンドとミックスして答えることが多いです。やはりヘアスタイルはファッションありきだと思うからです。

 

たとえば今季だと、ボタニカルワールドや、アフリカンパンク、ギーク×レトロなど。フェミニンな中でも、少しカジュアルフェミニンやレトロフェミニンに移行してきていますね、というようなお話からヘアの提案につなげています」

 


 [質問]

こういった質問をするとき、お客さまはどんな気持ちだと捉えていますか? またどういった提案をされていますか?


 

K-two AOYAMAディレクター・木村亜沙美(きむらあさみ)さん

 

<お客さまはこんな気持ち>

今っぽくしたい気持ちがある/プロからいろいろ教えてほしいという意欲がある/おしゃれが好き/情報収集を自分でするのが苦手なタイプ

 

「イメージを湧かせてもらうことを大切にしています。雑誌やインスタの写真などのビジュアルで共有する場合は、洋服のテイストもわかるようなものを選ぶと、お客さまもイメージしやすいと思います」

 

 

GARDEN Tokyo副店長・津田 恵(つだめぐみ)さん

 

<お客さまの気持ち>

今のヘアに満足していないわけではないけれど、飽きてきた/心境の変化や環境の変化があった/季節の変わり目でファッションも変えたいからヘアも変えたい

 

「流行を聞く質問の裏には、なんらかの理由で変わりたい気持ちがある人が多いように思います。カウンセリングではいきなりヘアスタイルを決めるというよりも、心境の変化や、なぜ今日きたのかの理由を探ることを大事にしています。その上で、ちょっと変えなのか、バッサリとイメチェンするのかを判断して提案していきます」

 

 

Belle代表・堀之内大介(ほりのうちだいすけ)さん

 

<お客さまの気持ち>

今までと変わりたい気持ちや背伸びしたい気持ちなど、心の変化がある

 

「今の流行を答えつつ、変わりたい気持ちを探りながらカウンセリングをしていきます。流行を聞いてくるときは変わりたい気持ちが強いことが多いので、フルチェンジすることが多いですね」

 

>次は、木村亜沙美さんによる春のヘアトレンド提案!

 

Related Contents / 関連コンテンツ

banner
banner

Guidance/転職ガイド

Ranking/ランキング

  1. 1
    内田聡一郎さん。ヘアライター佐藤友美がみ・・・
    2017.09.29
  2. 2
    31歳で東京へ。人生は一度きりだから、や・・・
    2017.10.10
  3. 3
    —OCEAN TOKYO 出井直助さんの・・・
    2017.10.06
  4. 4
    家とサロンの往復生活をやめて「気づける人・・・
    2017.10.12
  5. 5
    “今のサロンでずっと働く” 独立しない人・・・
    2017.09.25

Reccomend/編集部おすすめ