やっぱりヘアサロンは日本が1番!?ニューヨークのトレンドサロンを体験!

2014.09.29

3_special_20_sub1

 

ラグジュアリーな空間で華やかなヘアを日常的に提供する「ブローバー」

 

現在、ニューヨークのサロン業界のトレンドの1つである「ブローバー」。カットやカラーリングはせず、シャンプー、ブロー、セットをメインに提供するサロンです。

 

L.A.から発祥し現在ニューヨークに7店舗かまえる「Drybar」や、独立系サロン「Blow, The New York Blow Dry Bar」などの人気店に加えて、有名ファッションスタイリストのレイチェル・ゾーによる「Dreamdry」がオープンし話題になりました。

 

「Dreamdry」のコンセプトは「Everyday should be groumarous(毎日華やかにいるべし!)」。

 

ブローのサービスだけでなく、洗練された空間でぜいたくな時間を提供することを目指しているそうです。

 

忙しいニューヨーカーのニーズに合わせて平日は朝6時30分から、週末の夜は10時まで休みなく営業しています。

 

早速オンラインで予約を済ませ、当日予約時間より10分早い日曜日の朝10時20分にDreamdryに到着すると、先客は1人でのんびりとした雰囲気。

 

モノトーンで統一された店内はモダンでクリーンなイメージです。

 

簡単に受付を済ませると担当のMarieが席へ案内してくれました。

 

3_special_20_sub2

 

通された席に座ると担当のMarieからさっそく、

 

Marie  :「今日はどんなスタイルにする?」

 

私 :「今日のファッションに合わせてお任せしたいんだけど、どんな感じが合うと思う?」

 

Marie  :「そうねえ、カールは好き?ボリュームは欲しい?」

 

私 :「好きよ。それにせっかくだから普段と違う感じで。それでいてニューヨークっぽい感じでお願いしたいんだけど」

 

Marie :「OK!」

 

との会話を経て、彼女の中でスタイルが決定した様子。そのままシャンプー台に向かいます。

 

メニューにはシャンプーと頭皮マッサージが含まれています。

 

ヘアプロダクトはレイチェル・ゾーもお気に入りだという「Karastase」と「Olibe」を使用。シャンプーとマッサージは5分ほどで簡単に終了。

 

その後ドライ&ブローの行程に入ります。

 

ブロー台の間隔は広めで、iPadも完備されており、ゆったりと施術が受けられるようになっています。

 

ドリンクのサービスは、コーヒーや紅茶はもちろん、シャンパンもあるそう。

 

3_special_20_sub3

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング