やっぱりヘアサロンは日本が1番!?ニューヨークのトレンドサロンを体験!

2014.09.29

3_special_20_sub4

 

実務経験1年、アメリカ人スタイリストの腕前は

 

担当のMarieに、「このサロンの前はどこで働いていたの?」と聞くと、

 

「美容学校を出てそのままここに入ったのよ」との答え。ということは実務経験1年ってこと?と一抹の不安がよぎるも、

 

「一緒に受けた友達はオーディションに落ちちゃったの。そのあとすごく厳しいトレーニングを受けたわ」とのこと。

 

確かにいくつかの決まったブローのスタイルならば、きちんとトレーニングすればそんなに経験がなくてもできるものなのかな?

 

などと思いながらも「iPad」や「Vogue」に手を伸ばす余裕もなく、彼女の動きを見つめること約10分。ボリュームを出すスプレーを吹きかけて、ブラシとドライヤーで髪を完全に乾かしてから、コテで後ろから巻き始めました。

 

その後サイドのヘアを巻きながら、「もうほとんど完成よ!」と彼女。最後に前髪を整えて全体にスプレーをかけて時間通りに終了。

 

3_special_20_sub5

 

その仕上がりはと言えば、きついカールに、分け目をサイドに持ってきた斬新な(?)スタイル。

 

確かに普段のストレートのセンターパーツとは正反対。これが私のイメージする“ニューヨーク流・ワンピースに合う夏のヘア”かと聞かれたら、「?」が並ぶものの、

 

 

そもそも初めてのアメリカ人ヘアスタイリストに「ニューヨークっぽくお任せで!」とお願いした時点でかなりのリスクを覚悟すべき。この程度のイメージの違いで済めば幸いと言うべきか、などと思いながら、

 

「ありがとう!毎朝こんなゴージャスなヘアで目覚められたら良いのに!」

 

とお礼を言いました。

 

3_special_20_sub6

 

ブローバー人気の理由を実感。これが日本人スタイリストによるものだったら…

 

料金の40ドルに税金と20%程度のチップを含めると約50ドル(約5,000円)です。この値段をどう思うかは人それぞれでしょうが、個人的には定期的に受けるには高いように感じました。

 

 

それでも毎週2回来る常連も少なくないそう。

 

一度ブローすると3〜4日は持つので、その間髪を洗わずブローをキープする人も多いと言います。

 

特にアメリカ人は毎日髪を洗わず、1日おき、もしくは数日おきに洗う人が多いので、数日間ブローをキープできるというのも「ブローバー」を身近にしているのかもしれません。

 

同店のマネージャーによると、一番忙しいのは金曜日と土曜日の夕方。さらに木曜日と金曜日の朝も利用する人が多く、20台ほどあるブロー台がいっぱいになるそうです。顧客はファッション関係者から弁護士、医師と幅広いんだとか。

 

ちなみに3日間は持つと言われた私のクルクルカールですが、幸か不幸か2時間後には普通のウエーブになっていました。

 

そんな「Dreamdry」、また行きたいか?と聞かれたら、残念ながら私の答えはNo。

 

 それでも今回の体験で「ブローバー」がブームになるのが分かった気がします。

週末、ネイルサロンに行くような気軽な感覚で、女友達とおしゃべりしながら一緒にブローをしてディナーに出かけたり、出勤前に定期的に立ち寄ることで、毎日美しいヘアスタイルで気持ち良く過ごせたり。

 

通常はいくつかのスタイルメニューの中から選ぶので仕上がりもイメージしやすく、信頼できるスタイリストができれば通いやすいのだと思います。

 

今回の体験でますます日系サロンへの忠誠を誓った私としては、今後ニューヨークに日系の「ブローバー」がオープンすることを期待してしまいます。

 

常々思うのが、日本の美容師さんのセンスと技術はニューヨークのそれと比べても相当に高いということ。日本の細やかな技術とサービスを集結すれば、ニューヨークのどのブローバーにも劣らない人気になるに違いない、とその登場を待ち望んでいます。

 


 <店舗情報>

Dreamdry (ドリームドライ)

Flatiron

35 West 21st Street New York, NY 10010

Columbus Circle

315 West 57th Street New York, NY 10019

 

[menu]

ブローアウト $40

ブローアウト&三つ編み $50

エクスプレススタイル(シャンプーなし)$30

三つ編み/ポニーテール(シャンプーなし)$30

 

  特集『ニューヨーク最新サロン事情』-他の記事を見る
-カットがうまいじゃダメ。美容の本場NYで求められる美容師とは
-NY発!話題のエコサロンからスタースタイリストまで、HOTなサロンBEST5

 (取材/文 白石 里美)

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング