これから就活開始の美容学生に、リアルな就活事情を聞いてみた

2017.02.06

春の訪れともに、美容学校1年生の就活がスタートします! 今の美容学生は就職するサロンを選べる時代と言われています。当の1年生はどんなサロンに就職したいのか、リアルな美容学生の声をお届けします!

 

今回、この企画にご協力いただいたのは、有名スタイリストを多数輩出し、創立80周年を超える老舗の美容専門学校「山野美容専門学校」に通う、二人の1年生。

 

1

 

左から

佐藤 涼(さとうりょう)さん 19歳 福島県出身

雜賀 朝紀(さいが あさき)さん 19歳 大阪府出身

 

この二人に就職に関するぶっちゃけ質問を投げかけました!

 

-まず美容師になりたいと思ったきっかけは?

 

佐藤さん:私は母が美容師で、その姿を見ているのが大好きで小学生の頃から美容師になりたいと思っていました! 昔から妹の頭を実験台にしてアレンジを研究したり、高校生の時は、文化祭でクラスメイトみんなのヘアアレンジをしたりしていました。今、学校で本格的に勉強できてすごく楽しいです。

 

雜賀さん:実は大学進学志望だったんですが、高校三年生の時、オープンキャンパスで興味のある模擬講義を受けたら、その講義で寝ちゃって…。

今からこんな状態じゃ大学行っても意味がない! と思って一から進路を考え直したときに、前から楽しそうだと思っていた美容師という職業に興味が出て、それで美容学校に通うことにしました。僕も実際に通ってみて勉強楽しいです。今、カラー剤の調合にハマっています。

 

-では、これから面接を受けてみよう、と思えるサロンはどちらのタイプのサロンですか?

 

○→お給料が心許なくても、表参道、原宿、青山近辺にある有名サロン

×→有名じゃないけど、給与、福利厚生がしっかりしているところ

 

2

 

分かれました!

 

−ではそれぞれ理由を教えてください。

 

佐藤さん:私は、身近な人をキレイにしたい気持ちがあります。あと、今福島から上京して一人暮らしなので、もしお給料が少ないところで働いて、就職しても親に迷惑かけちゃうのはちょっと違うかな…って思っています。それに将来的には結婚もしたいし、結婚しても美容師を続けたいので、福利厚生とか産休制度がしっかりしているところが気になりますね。

 

雜賀さん:僕は、やっぱりやるからには有名店で働きたいです。得られるものが大きいと思うんですよね。お給料も最初は少ないかもしれないけど、頑張ればきっとついてくると思っています。スタイリストになるのも、早ければいいと思っていなくて、きちんとお客さまに満足を与えられる人になってからスタイリストになるべきだと思っています。

 

-気になるサロンには足を運んでいる?

 

6

 

ふたりとも絶対に足を運ぶそう!

 

−サロンで施術をしてもらう時に、気にして見ているポイントは?

 

佐藤さん:気にしているポイントは特にないんですが、カラーに興味があるので、技術の話とかすぐ聞いちゃうんです。グラデのやり方とか詳しくお話ししてくれると、勉強になるので、教えていただけるととってもうれしいです! やっぱりインスタの雰囲気と実際に施術してもらうのとでは、全然違うので、行かないと分からないな〜って思います。

 

雜賀さん:接客と会話です。予約の時に美容学生って言わないで予約するんですけど、やっぱり美容学生ってバレちゃうんですよね(笑)。

バレた上でストレートに、「どんな人を採用したいですか?」って聞いちゃうので、そこで上辺だけじゃなくて真剣に話してくれるとやっぱりここに就職したいな〜って思います。佐藤さんが言った通り、やっぱり行かないとお店の雰囲気がわからないですね。

 

-就活で参考にしているのはどっち?

 

○→先輩・友達の口コミ

×→SNSや求人サイト

 

4

 

−それぞれ理由を教えてください

 

佐藤さん:私が今行きたいと思っているサロンが、今まで新卒採用をしていないところなんです。だからこまめにインスタとかサイトをチェックして、最新情報をゲットできるようにしています。

 

雜賀さん:友だちとか先輩と常に情報交換してます。僕が行きたいサロンで働いている先輩とかにも時間作ってもらって、話聞いてもらったりしていますね。

でも僕もSNSはチェックしてます。主にTwitterをよく使っていますね。

 

 

- 将来どんな美容師になりたいですか?

 

5山野

 

佐藤さん:私は将来福島に帰って、福島の美容のレベルを上げたいんです! 福島にもたくさんサロンあるんですが、東京に比べるとまだまだできることいっぱいあるって思うんです。東京のカラー技術で、福島の人をキレイにして、美容で福島を活性化させたいです。

 

雜賀さん:僕はカウンセリングをしっかりできる美容師になりたい。パッとヘアカタ見せて「じゃあこれでやっちゃいましょう」じゃなくて、ちゃんと話さないとお客さまのやりたいと思っている髪型を引き出せないと思うんです。回転率重視じゃない、一人一人じっくり向き合える美容師になりたいです。

 

—ぶっちゃけ、現時点で就職したいサロンは決まっている?

 

6

 

二人とも決まっている!

 

−どこに就職したいかお聞かせください。

 

佐藤さん:私はALBUMに就職したいです! 2016年5月頃にインスタグラムで知って行ってみたら、キレイなカラーと透明感にとっても感動したんです! 特にNOBUさんはとっても尊敬しています。ALBUMのカラーの技術をいつか地元福島にも広めたいな、と思いました。

 

雜賀さん:僕はLIPPSです。高校生の頃からもう何十回も通っています。お客さまのライフスタイルに合わせたスタイリング提案がいつも絶妙で、信頼できるサロンなので、自然とLIPPSに就職したいと思いました。

 

-最後に、就活に向けて意気込みをお願いします!

 

7

 

佐藤さん:ALBUMに入ります! 福島戻って、結婚もします!

雜賀さん:LIPPSに入ります!

 

-就活頑張ってください!

 

 

美容学生のリアルな就活事情はいかがでしたか?

とてもしっかりしていて真面目な彼らは、自分の行きたいサロンへマメに足を運び、たくさん飛び交う情報の必要な部分だけをうまくキャッチして、一歩ずつ夢に向かって、就活に取り組んでいると感じました。

新卒採用を考えているサロンも、学生相手だから…と言って侮るなかれ! サロンの将来像や、待遇のことについて真摯に取り組まないと、新卒学生に関心を持ってもらえないかもしれません。素敵な学生と巡り会えるようにサロンも頑張りましょう。

 

(取材・文・撮影/高橋優璃 一部写真提供/山野美容専門学校)

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング