カラーで活躍するスタイリストはアシスタントの腕も超重要だった!? 「NOBU’S KITCHEN」Vol.14ゲストDaB齋藤剛さん・RISEL浅野宏明さん【後編】

2019.12.19

 

毎回、NOBUさんが気になる人をゲストにお呼びし、NOBUさんの自宅(!?)でNOBUさんの手料理を食べながらざっくばらんに美容業界について語り明かしていただきます。14回目はDaB代官山店副店長の齋藤剛さんとRISEL総店長の浅野宏明さんというカラー技術に定評のあるお二人をお招きしました。

 

後編では、カラーの失敗をリカバリーしたり、フォローしてくれたりするアシスタントさんのことや、カラーが得意な美容師さんの共通点についてお送りします。

 

※本文中の敬称は省略しています。

 


 

カラーはキマったときのお客さんの喜びがもっとも伝わってくる技術

 

 

――前半は、カラーを売りにするからこその大変さについて話していただきましたが、そんな大変さの中にあるカラーの楽しさってどういうところですか?

 

齋藤:奥が深すぎるところですかね。まだわからないことがたくさんあるし。

 

NOBU:カラーがバッチリキマったときの高揚感ってあるよね、「我、覇者なり――!」みたいな。

 

一同:笑

 

 

桑原:それ、わかります。キマったときのお客さんの喜び方が、カットのときよりわかりやすいんですよ。

 

浅野:カットは、家に帰って自分でセットとかをして初めて扱いやすいかわかるけど、カラーって、そのときに仕上がったものを見てすぐにわかるからね。

 

桑原:お客さんの髪質によってもテンションが変わりますよね。既存のお客さんは髪質がもうわかっていますけど、新規で来たお客さんは髪質がわからないじゃないですか。

 

NOBU:ミホ(ALBUMのアシスタントさん)とか来たらやりやすいよね。

 

 

齋藤:本当だ、綺麗ですよね。

 

桑原:他の美容室で失敗されたっていう人のリペアとか超難しくないですか?

 

NOBU:齋藤くんのところとか多そうだよね。もう、手術って感じでしょう? 齋藤くんは医者で(笑)。

 

齋藤:たしかに、かなり複雑な履歴をもった人が多いですね。期待値も高い状態で来られるので、いろいろな意味で難易度が高いんですよ。

 

浅野:営業が練習みたいになってますもんね。ここにこう入れたらどう出るかなとか。

 

NOBU:カラーのブースでずっとこうやって考えているヤツいるもんね。

 

 

NOBU:パッパパッパ決められないですよ、カラーはやっぱり。

 

齋藤:僕は施術に入るアシスタントによって薬剤を変えています。早い子なのか遅い子なのか、一人で塗るのか二人で塗るのか。営業状態によっても薬剤のスペックを変えるんです。

 

浅野:えー、すごい! 俺は遅い子には「早く塗って」って言う(笑)。急いで塗らなきゃいけないときは、薬剤を変えるんじゃなくて人の方を煽る!

 

 

一同:爆笑

 

>失敗を自分の判断でリカバリーできるアシスタントは、伸びる!

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング