おしゃれな美容師さんは、どうやって服を選んでいる? 個性&センス抜群の美容師が語るファッションの力「NOBU’S KITCHEN」Vol.16ゲストwhyte中島潮里さん、THE REMMY倉田聡子さん【前編】

2020.02.17

 

毎回、NOBUさんが気になる人をゲストにお呼びし、NOBUさんの自宅(!?)でNOBUさんの手料理を食べながらざっくばらんに美容業界について語り明かしていただく、連載『NOBU’S KITCHEN』。16回目はwhyte中島潮里(なかじま しおり)さんとTHE REMMY倉田聡子(くらた さとこ)さんです。

 

職業柄おしゃれな方が多い美容師さんの中でも、個性が光る抜群のセンスでいつもファッショナブルなお二人。今回は、集客や指名、ブランディングにもつながるファッションの力について語り合っていただきました。

 

※本文中の敬称は省略しています。

 


 

NOBUさんと中島さんの、意外な共通点とは!?

 

 

――ゲストのお二人は、NOBUさんとは初対面ということなのですが、どういうイメージを持っていましたか?

 

倉田:“有名人”っていう感じです!

 

中島:私も同じですね。美容師以外の一般の方も存在を知っている有名な人というイメージでした。

 

NOBU:初対面だけど、去年NOBU’S KITCHENに出てくれたBelleの藤原愛莉ちゃんなど、他の美容師さんのインスタとかに載っているのを見ているのでお二人のことは知っていますよ。

 

――中島さんと倉田さんは、お知り合いなんですよね?

 

倉田:はい、お互い前のサロンで働いているときに知り合いました。

 

中島:しかもお仕事ではなくて、ホテルのナイトプールでたまたま会ったんですよ。私が一緒に行った先輩の友達ということで、紹介してもらったのがきっかけです。

 

倉田:私はその前から「(中島)潮里ちゃんかわいいなー」って思っていました!

 

 

中島:いやいや、そんな…(笑)! サロンはご近所にもかかわらず、ちゃんと話したことがなかったので、こうして話す機会を設けてもらってうれしいです。

 

NOBU:今日は、中島さんがペスカタリアン(※注1)ということで、魚づくしのメニューです。

 

 

中島:ありがとうございます。出汁の優しい匂いがします……!

 

一同:いただきまーす!

 

倉田:おいしい…! なんか家庭で出てくるような料理とは違う!

 

 

NOBU:中島さんは、いつから肉を食べないようになったんですか?

 

中島:子どもの頃からお肉を食べることに違和感があったんです。実は、父が磯釣りのプロでして。食卓には父親が釣ってきた魚が並ぶことがほとんどだったので、あんまりお肉を食べる機会もなかったんですよね。今のサロンでビーガンビューティーを発信するようになったのもそういった影響があるんだと思います。

 

 

NOBU:へぇ! うちも祖父は魚屋なのでなんとなくその気持はわかります。

 

中島:そんな意外な共通点があったんですね。なんだか嬉しいです。

 

※注1野菜・芋類・豆類などの植物性食品と魚介類を中心に食べる主義の人。哺乳類と鳥類の肉は一切とらない。

 

>ファッションも、自分の殻を破ることが大切!?

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング