美容室で急浮上!? クセ者“モンスター上司”の特徴とウマく付き合うコツ

2015.09.28

  Case02 “コロコロ系”モンスター上司

 

02

 

<特徴>

「何でも話してね」と面倒見がよくて優しい一面がある一方で、周囲からの意見や流行の自己啓発本などに影響され、言うことがコロコロ変わります。また、自分の決断を信じることができず、何かと優柔不断。「お客さまからのクレームの電話が… どうしましょう?」と相談しようものなら、「いや、そんなこと、急に言われても…」とかなりの動揺。気持ちも態度もグラついていて、頼りがいがありません。

 

<攻略法>

コロコロ系上司は、自分の決断に自信が持てないため、アレコレ悩みすぎる部分をフォローしましょう。例えば「お客さまからのクレームの電話が… どうしましょう?」と判断を仰ぐのではなく、「お客さまからのクレーム電話がきまして、対処法を考えてみました」と自らの考えを提案してみると吉。また、コロコロ変わる上司の意見に対して「あのときおっしゃった考え方がいいと思います」と正しい意見を認めてあげると自信がつき、優柔不断が改善されるかも! 上司を影でコントロールするくらいの気持ちでおつき合いしましょう。

 

 

  Case03 “ねちねち系”モンスター上司

 

03

 

<特徴>

人のあげ足をとることが大好物! 突っ込みどころを見つけようものなら、ダラダラと嫌味を言い続ける… そんな粘っこい上司の下で働くのは、相当なダメージを受けます。さらには「あなたってば、お客さまの服にカラー剤落としちゃって~」など、過去の失敗を掘り下げ責めてくることも! はっきり叱ってくれたらスッキリするのに、あえて遠まわしな言葉を選んでくるところが、陰険です。

 

<攻略法>

ねちねち系上司は、頭の回転が速く賢い人が多いので、言葉で対抗しようなんて考えてはダメ! 言い訳や反論は、火に油を注ぐようなものです。あら探しをされないように、まずは些細なミスを減らす努力をするなど、あなたのスキルをあげましょう。指導するのが好きなタイプなので、言われる前に「教えてください」と頼ってみるのも手。それでもくどい説教が始まった場合、真面目に聞くといつか心がポキっとおれちゃいますので、適度に流しましょう。

 

>悪気のないモンスター上司もいます

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング