年収1億円美容師が教える、20代のうちに身につけておきたい5つの習慣 ―アースホールディングス取締役山下誠司さん

2018.12.25

 

全国にサロン「EARTH」を展開するアースホールディングスの取締役にして70 店舗を統括する山下誠司(やましたせいじ)さん。2018年8月、初の著書『年収1億円になる人の習慣』(ダイヤモンド社)を出版されました。今回は山下さんが習慣にこだわる理由を紐解きながら、20代の美容師さんたちが1億円プレーヤーになるために最初にチャレンジすべき基本的な習慣を5つ教えていただきました。

 


 

20代は“できない”人間だった。國分利治との出会いをきっかけに 気づいた“習慣化”の必要性

 

 

20代前半までの私はとにかく“できない”人でした。「努力できない」、「継続できない」、「地道にコツコツできない」。どちらかというと「楽をして一山当てたい」という思考で生きていたんです。

 

最初に入ったサロンでは社長に「社会人は3年で基準が決まる。3年他の人より努力すれば、自分の中のさまざまな基準が高くなるので、後で楽になる」と言われました。さらにその会社では「努力の角度」というものがあり、「努力の角度を上げるために練習や仕事をがんばれば10年後は他の人より上に行ける」と言われました。

 

毎日、耳にタコができるほど聞かされていたのですが、当時の私には、何をどう努力したらよいのか理解ができていませんでした。考えが変化したのは24歳のとき。

転職先で出会った当社代表取締役である國分利治の言葉がきっかけです。

 

 

彼は指名がまったく入らない私に「タイムカードも数字だ」と言い、早起きを指南しました。その日にすぐ目覚まし時計を購入し、翌日から早起きに挑戦したんです。私は完全に夜型の生活をしていたので、最初は大変でした。ですが、3週間後に、意外にも無理なく起きられるようになったことに気づいたんです。

 

今まで努力ができなかった私が、自らの努力によって目的が達成されたことに気づいた瞬間でした。以前まではうまくいかずに「俺はダメだ」と苛立つこともあったのですが、初めて自分の努力の成果を自分自身で実感でき、とてもうれしかった。しかも早起きは能力に関係なく、健康体なら誰でもできること。「努力は誰でもできる。こんな簡単なことでいいんだ」という驚きとともに、私のような根気のない人間は工夫して習慣化することで努力につながるのだと体感したんです。「努力」と「継続」が苦手なら「習慣」にしちゃえば楽なんだと、そのとき習慣の大切さに気づきました。

 

>山下さんが20代美容師に伝授する、成功のための5つの習慣とは?

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング