「また転職!?」とあきれられる人の行動7パターン【美容師転職100ルールズ】

2015.02.02

462878841

 

転職を繰り返している美容師さんには「失敗する理由」があります。うまくいかない人に共通する、転職活動における行動や思考パターンを集めたので、ぜひ「反面教師」として参考にしてみてください。

 


 

「店長に叱られた!」などと衝動的にサロンを辞める

気に入らないことがあったときなどに「カッ」と頭に血が上る人は、勢いで辞めたことを後悔していることが多いようです。感情に流されず、計画的に転職しましょう。

 

「撮影あり&完全週休2日マスト」など条件を欲張る

サロンの活動内容や労働条件についてワガママすぎる人は、ちょっとでも不満があると辞めたくなるようです。「ゆずれない条件」はあってもいいですが、自分の力で転職先を理想の職場に変える努力も欠かせません。

 

533293109

 

「サロンが自分に合っていない」と現実から目をそむける

現実逃避のためにサロンを転々としている人もいます。隣の芝生は青く見えるものですが、自分の力をしっかり把握して与えられた環境で頑張ることも大事です。

 

「いつかどうにかなる」と将来のビジョンがない

行き当たりばったりで仕事や転職を繰り返している人もいます。例えば、「35歳で独立したい」など、具体的な目標をもって、夢に近づくための「有意義な転職」をしたいものです。

 

「サロンの理念は?」など事前に調べるべきことを聞く

面接前に調べておくべきことを調べず、面接官に質問してしまうパターンです。また、社会保険や休日についてなど、入ってから「知らなかった」では済まされないこともあるので、事前の情報収集はマストと言えるでしょう。

 457873119

 

「前のサロンが最悪で」などと面接で悪口をいう

勤めていたサロンを悪くいう人は、「ウチに入っても不満タラタラなんじゃ…」と面接担当者に思われてしまいます。「収入アップのため」「スキルアップのため」など、前向きな理由で転職したいところです。

 

「運が悪かった」と転職失敗の理由をマジメに考えない

転職に失敗した理由を「運」や「他人のせい」にする人は、同じ過ちを繰り返すことになりがち。自分の行動の何が良くなかったか、直せるところはないか、謙虚に振り返ることも大切でしょう。

 

494178233

 

転職が上手くいかないことを「自分以外のせい」にする人は、失敗を繰り返す傾向にあるようです。一時の感情に流されることなく、やるべき準備をキッチリやることが、「幸せな転職」の近道になるのかもしれません。

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング