やっぱり転職でも「知人の紹介」が最強!?【美容師転職100ルールズ】

2014.11.10

5_rule_1_main

 

恋愛成就のきっかけが、「共通の友人の紹介」というのはよく聞く話。就職・転職は「会社との結婚」にたとえられることがあるように、こちらも「知人の紹介」がきっかけで上手くいくことが多いです。その理由を分析してみました。

 


 

性格やスキルを踏まえて提案してくれる

 

美容師の友人・知人であれば、あなたの美容師歴やスキル、性格や得意分野などを把握した上で、それに合うサロンを提案してくれるはずです。ミスマッチが起きにくいことが最大のメリットと言えるでしょう。

 

美容師の集まりなどに積極的に参加して、自分が今どんなことをしているのか、どんな目標を持っているのかなど、情報発信を続けていると声がかかりやすくなるかもしれません。

 

5_rule_1_01

 

 

知人に「悪いサロン」はオススメできない

 

評判が悪いサロンや、働きにくいサロンを、大切な知人には紹介できないものです。つまり、基本的に知人が紹介してくれるのは、「人に勧めたいサロン」のはず。しかも、そのサロンについて良く知っている人ならば、職場の雰囲気や勤務条件などの情報をはじめ、また面接で直接聞きづらいことも事前に確かめられるでしょう。

 

リアルなサロンの姿を知れるという意味でも、やはり「知人の紹介」は強いのです。

 

5_rule_1_02

 

 

でも、知人の顔に泥をかけられない…

 

もちろん「知人の紹介」にもデメリットはあります。せっかく紹介してくれたサロンを断るのは心が痛みますし、紹介してくれた人の顔を立てるために、入社後も中途半端な働きぶりはできません。

 

もし、すぐに辞めてしまったら、知人の顔に泥を塗るようなもの。入社の決断は慎重にしましょう。

 

 

知人にサロンを紹介してもらえるのはとてもありがたいことですが、あなたが「紹介したい美容師」でなければ、誰からも声をかけてもらえません。まずは、目の前の仕事に一生懸命打ち込み、スキルを磨くことが大事なのかもしれないですね。

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング