内定を大左右!? 就活面接であわてないための練習4方法!【美容師転職100ルールズ】

2015.05.18

 

 

201505_rule_2_1

 

就職・転職するのに避けては通れない志望サロンでの“面接”。普段やりなれないことですので、どうしても緊張してしまいますね。「舞い上がってしまってきちんと質問に答えられなかった」「いざいってみたらどうやって挨拶するの? どうやって座ればいいの? どうやって帰ればいいの? とあたふたしてしまった」なんてことが無いように、本番に向けてできる面接練習方法をご紹介します。

 


 

面接で話す「ポイントだけ」を書く

 

201505_rule_2_2

 

面接では定番で聞かれる質問があります。「自己紹介をしてください」「当サロンを選んだ理由はなんですか?」「なぜ、前職を辞めようと思ったのですか?」などなど。これらの質問には話す内容を一度まとめたら、「ポイントだけ」を書き出しておきます。そして書き出したポイントを頭で整理して、話せるようにします。丸暗記で話すより言いたいことを自分の言葉で話すことで相手に伝わりやすくなります。

 

声に出して答える

 

 

201505_rule_2_3

 

頭の中での面接問答シミュレーションでは上手く質問に答えられたとしても、「声に出す」ことへの慣れが必要です。頭ではわかっていたことが、口に出すと意外とまとまらなかったりするものなので練習を繰り返しましょう。毎回同じ言葉である必要はありません。初めに書き出したポイントが押さえられていればOKです。その際に、出来るだけ面接時に話すボリュームで話すことを心がけるのが、本番であわてないコツです。

 

>入室から退室までのエアー面接とは?

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング