“今のサロンでずっと働く” 独立しない人まとめ。

2017.09.25

 

あなたは独立を目指す道の他に、どのような美容師キャリアをイメージしますか? ライフスタイルもワークスタイルも多様化する現代、美容師の働きかたも多様化しています。そこで今回は、サロンで働き続ける道を選択した美容師さんのインタビュー記事を集めてみました。

 


 

  続けていくこと、一緒にいること。それが私にできること! -artifata 原賀まみさん-

https://www.qjnavi.jp/special/life_careerplan/owner_me_artifata/

 

 

お客さまが好きでサロンワークが好きで、お店のみんなのことが好きで。ただただシンプルに美容師を続けていたら、いつの間にかスタッフを引っ張る上の立場になっていた。自分の役割の変化にとまどう時期に差し掛かっている女性美容師たちへ向けて、先輩女性美容師の働き方を届ける「オーナーとわたし」企画の第1回。『artifata』で店長を務める原賀まみ(はらがまみ)さんのもとを訪ねました。男性気質のサロンの中で、女性店長はどうやってスタッフを率いているのでしょうか?

 

  男性中心サロンの中で、女性美容師がリーダーとしてできる気遣いと行動 —AFLOAT D’L金子史さん—

https://www.qjnavi.jp/special/sense_skills/owner_me_afloatdl/

 

 

男性美容師が多いサロンの中で、女性美容師がオーナーの右腕的立場となったとき、どのような右腕像が期待されているのでしょう? 女性、男性、関係なくやるべきこともあれば、女性だからこそできることもありそうです。多くの雑誌媒体で活躍し、有名サロンの幹部として活躍する女性美容師の先駆者的存在の『AFLOAT D’L』金子史(かねこふみ)さんを訪ねました。カリスマ・宮村浩気さんのもと、体育会系サロンを引っ張ってきた右腕の仕事とは?

 

  大人女性に大人気! FIX-UP横谷百栄が教える、大人の女性におすすめの秋の旬メイク講座

https://www.qjnavi.jp/special/sense_skills/yokotani_makeup_lesson

 

 

FIX-UP OMOTESANDOで勤務する横谷百栄さんは、ナチュラルなのにどこか洗練された印象のヘアメイクが女性の共感を呼び、モデルをはじめ各誌から引っ張りだこの存在です。 そんな横谷さんに、大人の女性におすすめしたいこの秋のトレンドメイクをお伺いしました。また社歴が24年(!?)を迎えた、横谷さんの美容師になったきっかけや独立しない理由などもお伺いしました。欲張りだから独立しない。と語る、横谷さんの美容師観とは!?

 

  集客用ビジュアルを任される右腕から、働き方を変革する右腕へ! —suburbia 杉下恵里子さん—

https://www.qjnavi.jp/special/sense_skills/owner_me_suburbia/

 

 

キャリアが上がるにつれてサロンでの役割も変われば、自分自身の仕事へのスタンスも変わっていくのは自然なこと。現在、サロンのビジュアルイメージを一手に引き受ける

『suburbia』の杉下恵里子(すぎしたえりこ)さんも美容師としてのキャリアについて悩んだ時期がありました。独立を目指すだけではなく、サロンで働き続けていく中で、オーナーの右腕としてのポジションを確立していった、現在進行形の杉下さんの右腕ストーリーです。

 

  木村直人さん、なんで独立しないの?

https://www.qjnavi.jp/special/life_careerplan/kimuranaoto_-notindependent/

 

 

モデルやタレントなどを担当するトップ美容師としてはもちろん、WEBプロデュース、商品開発など、さまざまな場面で非凡な才能を見せるairディレクター木村直人(きむらなおと)さん。

大手サロンでキャリアを積んだあと、自分の城とも言えるマイサロンを立ち上げる美容師さんが多い中で、なぜ木村さんは“air”にこだわり続けるのだろう?

リクエストQJナビでは、みんなが気になっている「木村さん、なんで独立しないの?」の答えを聞いてきました。

 

 

以上、独立しない人まとめでした。美容師なら、いずれ独立するもの。というイメージは現代では当てはまらなくなってきています。組織の中で、組織を活かして働くメリットとやりがいが感じられたのではないでしょうか? 「サロンにいながら、なにができるか?」踏み込んで考えるきっかけにしていただければ幸いです。

 

  他のまとめ記事を見る>>

  ライフマガジンの記事をもっと見る >>

 

 

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング