知らなきゃソン!“雇用保険”は美容師の強い味方です!

2014.08.13

2_news_4_main

 

雇用保険や失業給付金について知らないと、本来もらえるはずのお金が支給されずにソンをする可能性があります。そこで今回は、ファイナンシャルプランナーとして活躍中の肥後知歩(ひごちほ)さんに、雇用保険のキホンを分かりやすく教えていただきました。

 


 

多くの美容師さんにとって雇用保険は「自分ごと」です

 

唐突ですが、みなさんは「雇用保険」ってどんなものかご存じですか?

 

簡単にいうと、「雇用保険」は働く意思はあるのに働き続けることが困難になったとき、もしくは職業に関する教育訓練を受けた場合など、一定の条件を満たせば「失業給付金」を受給できるという制度です。

 

雇用保険は政府が管轄する「強制保険制度」であり、事業主(オーナー)によって加入手続きが行われます。正社員はもちろん、パートやアルバイトでも、1週間の所定労働時間が20時間以上あるか、31日以上の雇用見込みがあれば加入可能です。

 

細かな説明については厚生労働省やハローワークのホームページにお譲りしますが、多くの人にとって雇用保険は「自分ごと」であることを、まずは知っていただきたいと思っています。なぜなら、転職や退職時に調べても、すでに手続き期限が過ぎてしまっているなど、知識不足で受給できないケースがあるからです。

 

大切なお金と生活に関わることなので、ご自分の加入状況を給与明細などで確認してみてください。雇用保険のみならず、自分のお金の行方に関心を持つことは、生活を豊かにする第一歩です。

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング