珠実の¥マーク 第5回「店長として後輩を育てつつ歳を重ねても稼ぎつづけるキャッシュポイントがほしい!?」〜相談者・釼持恵梨香さん(28)

2018.10.26

 

珠実の¥マークも5回目になりました。女性美容師の「稼ぎたい」想いの背中を押したいこの企画。正社員、オーナー、フリーランス、業務委託のママスタイリスト、とお話を伺ってきましたが、今回は店長という役職を持つ女性美容師さんの登場です。

 

 

「稼ぎたい」っていい言葉。ただ単純にお金が欲しい、とか金持ちになりたいとか、そういうんじゃないんです。

「稼ぐ」っていう言葉には自分で成果を掴み取りたい、そんな意思がこめられるんじゃないかな、って思います。

ちなみに辞書で調べると、稼ぐっていう言葉自体に、「生計を立てるために、一生懸命に働く」っていう意味がありました。

私たち女性美容師は、自分で選んだこの仕事で、自分の力で、稼ぎたい、んです!

 

ですが、モデルになる女性美容師が少ない、結婚や出産というターニングポイントがある、といった女性ならではの問題に答えがないのが現状です。

だからこそ、珠実は同じ女性だからわかる悩みや不安を一緒に解決していきたいと思います。

 


 

 

今回のお悩み女子は釼持恵梨香さん。28歳。神奈川県出身。美容師歴6年目。IJK OMOTESANDO店長。大学に通いながら、通信制の美容学校で美容師資格をとり、都内1店舗を経て、恵梨香さんと同い年の若きオーナー芝原俊輔氏の率いる現在のサロンに2017年4月より所属。すでに「店長」というポジションについています。

スピード出世をし、美容学生にも支持をされる今話題のサロンで働く恵梨香さんはどんなお悩みをお持ちなのでしょうか。

 

今回のお悩みはこちら〜

 

店長として後輩を育てたい。

歳を重ねても「稼げる」キャッシュポイントがほしい!

 

です。

 

プロフィール

珠実(たまみ)

フリーラス美容師・ヘアメイク。ロリィタファッションなど、個性と原宿ファッションを連動したスタイル提案を得意とする。2015年独立。2017年から原宿以外でも札幌まで活躍の場を広げている。2018年よりGO TODAY SHAiRE SALON取締役就任。

 

 

>大学出の美容師だからこそのお悩みは?今回のコンサルスタート!

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング