バズったあと波に乗れるかは投稿数で決まる!? #♡♡♡♡♡♡♡でTOPにでてきた人vol.23 #ブリーチカラー 向田夏希さん

2021.10.18

 

今やSNSは美容師にとって欠かせないツールです。そこで、Instagramで#♡♡♡♡♡♡♡(スタイル・技術名)で検索した際に、そのときの人気TOPに上がってきたスタイル写真を作った美容師さんにそのスタイル・技術についてのこだわりや、SNSの使い方などについて伺います。

 

第23回は#ブリーチカラー。#ブリーチカラーでTOPにあがってきたのは代官山にあるiro.のスタイリスト向田夏希(むかいだ なつき)さんでした。

 

今年8月にデビューしたばかりにもかかわらず、1カ月先まで予約が埋まるほどの人気を集めている向田さん。ご自身も学生時代からハイトーン好きだったという向田さんが、Instagramでも#ブリーチカラーを打ち出し、たくさんの人の支持を集めている理由に迫ります。

 


 

会計中も…お客さまのパパラッチと化し、かわいい瞬間を逃さず撮影する

 

 

――#ブリーチカラーで検索すると、向田さんのスタイルがTOPにあがってきました。どのような戦略でInstagramに取り組んでいるのでしょうか?

 

まず、先輩であり代表でもある樗木(おおてき)のスタイルと差別化することは意識しています。私も、彼と同じようなカラーワークをしていて、同じ技術を受け継いでいることは自負していますが、それでもまだまだ……!なので、若い女性としてお客さまと近い位置で、「女の子から見たかわいい」という感覚を大事に、自分が「かわいい!」と思った瞬間を切り取るようにしています。

 

――お客さまが支払いしているときの写真や、ロッカーから荷物を出しているときに撮った自然なシーンの写真も多いですよね。

 

 

そうなんですよ! 自分がお客さまの会計をしているにもかかわらず、髪やお客さまがかわいく見える瞬間があったらスマホを持って「ちょっと撮らせてください!」と、お会計を中断してしまうことも多いんです(笑)。施術が終わって、お客さまがレセプションに向かって歩いてくるときに髪が動くのがかわいかったらその写真も撮りますし、お客さまのパパラッチのように、ついてまわって撮っています。

なので、かわいく撮れれば寄りでも引きでもいいし、写真でも動画でもOKなんです。私の投稿って、いろいろな写真がランダムに並んでいて、人によってはバラバラで統一感がなく見えるかもしれません。そのとおりなのですが、自分のTOPページでは、スマホの画面に収まる12枚くらいの写真の色のバランスには気をつけています。ヘアのカラーだけでなく、ファッションや小物も合わせてバランス良く、かわいく見えるようにしています。

 

 

>会計中も…お客さまのパパラッチと化し、かわいい瞬間を逃さず撮影する

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング