Violet前原穂高先生に聞く! 【2限目】愛されアシスタントになるコツ(裏技含む)

2019.04.19

 

AFLOATの元幹部、デザイニングディレクターを経て独立し、2015年春に東京表参道に「Violet」をopenした前原穂高さん。

24歳から開始したセミナー講師活動は通算500本を超え、昨年12月には個人月間最高売上1500万を記録するなど、トップスタイリスト&オーナーとして多方面に活躍しています。

 

Violetには「穂高ノート」と呼ばれる後輩育成マニュアルがあります。これは前原さんが自分のために書き溜めていたものです。そこで今回は、QJナビデイリーの読者のために、前原さんが先生役となり、「穂高ノート」の一部を公開してくれました。

 

4月から美容師デビューする社会人1年目に向けて、学校では詳しく教えてもらえない「美容師の心得」をレクチャーします!2限目のテーマ(1限目はこちら)は、「愛されアシスタントになるコツ」です。

 


 

【2限目】

 

先輩に好かれるアシスタントになるためには?

 

 

アシスタントはその名の通り、アシストするのが仕事です。先輩のアシストをするなら、先輩がしてほしいことをしていきたいですよね。お客さまに対するときは、ホスピタリティが求められます。Violetにおいて、ホスピタリティとは、お客さまに言われたことをそのままするのではなく、「本当にしてほしいこと、してくれたらうれしいこと」をしてさしあげることだと考えています。何が言いたいのかというと、「言われる前に気づける」ことがいいアシスタントの条件ということですね。言われてからやるのは誰でもできるし、動きが速ければいいということでもない。そうじゃなくて、先輩の視点を自分が持って、先読みして動いたほうがいいってことです。

 

たとえば、セットアップのとき。ピンのヘルプをするとき、「ここをねじって留めるのかな」とか想像していれば、先の動きが読めますよね。言われる前に動けるレベルになるためには、日ごろから先輩の目線を意識していなきゃだめ。これは技術を覚えるときも同じです。先輩の視点から手元を見ることで、いざ自分がやるときもイメージがわきます。だから、一流の美容師を目指すなら、一流の美容師の視点が想像できないといけないわけです。

 

とにかく、先輩の視点を常日頃から意識していると、先輩の思考回路や行動パターンが見えてきます。それができるようになってきたら、さらに一歩進んでお客さまの視点もイメージしてほしいです。先輩のお客さまは、こういうスタイルが好きだから、先輩は次にこういう動きをするだろうな…という具合に、より見えることが増えると思います。

 

先輩ファーストではなく、お客さまファーストでいこう!

 

Related Contents 関連コンテンツ

Guidance 転職ガイド

Ranking ランキング